黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さな本格的BAR「BARin」の日記 

山を越え 谷を越え・・・

コロナの波動・・・

初めて受ける、コロナの洗礼、

自粛が始まり、そして開けて、

今まで、何とかやって来たが、

 

10月に入り、極端な売り上げの、

低迷が続く、GO TO何とかも、

私達には、あまり恩恵も無く、

違う国の出来事のようである。

 

少し前にネットニュースで、

すすきので飲食店が、

三か月で300減と言う記事を読み、

驚愕した。やはり繁華街が直撃を受けている。

 

大阪のミナミや、キタはどうなっているのか、

閉店したと言う話は、

時折、耳にするが、

詳しくは解らない、

 

とりあえず下町は、

繁華街に行かなくなった分、

まだ、被害は多少抑えられているようだ。

が、兎に角、疲れて来た。

 

精神的な部分が多いのだが、

他のお店の多くもそうだろうが、

コロナが発生する前から、

長い期間で、落ち込みがあった。

 

まずは、リーマンショックや、

東北の震災や、なのに消費増税

消費税10%の時は、流石に響いた。

が、東京ではオリンピック、

 

少し先だが、大阪は万博と、

細々と夢を繋いで来た時に、

コロナが覆い被さり、

全てが無になったような気になった。

 

うつむき加減の日々が続き、

時間も無用の長物のように、

感じ出した。

そんな時に人は、昔の事を思い出す。

 

私もそうだった。

昔に読んだ本や、漫画を、

次々読み返した。

当時は夢中になって読んでいた。

 

次々と読み返しているうちに、

何かの拍子で辿り着いた。

一冊の漫画、名を「サイクル野郎」

庄司としお氏の代表作で、

 

連載が始まった時は、

まだ、私は幼く、雑誌では無く、

コミックで読んだようだが、

どこで読んだか、思い出すのに、

 

時間が掛かったが、

確か近所のお好み屋さんだった。

自転車で日本一周、

小学校の高学年で、

 

サイクリング車が欲しくて、

やっと買って貰えたのは、

この漫画の影響だろう、

まだ、読み返して途中なので、

 

北海道編で、これからも、

主人公 輪太郎少年の、

山を越え、谷を越える旅は、

続くが、同時に私の苦難の旅も、

 

続くのだろう、

半世紀近く前の漫画だが、

当時の時代背景が良く解り、

同時に、公害問題等の、社会問題や、

 

国際問題までも描いていたとは、

年を取らないと、

解らないものだと、

改めて思い、その思いは、

 

現在でも、遜色無く響く、

現代風にアレンジして、

ドラマ化すれば、良いドラマに、

なりそうなのだが、

 

しかし便利な時代になり過ぎて、

当時のような苦労は、無いだろうが、

老いては来たが、今でも自転車日本一周には、

壮絶なる憧れがある・・・

 

news.yahoo.co.jp

 

 

サイクル野郎 1

サイクル野郎 1

 

 

 

ja.wikipedia.org