黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さな本格的BAR「BARin」の日記 

酒通信 BARのお酒 3

BARには、なかなか家で買ってまでは、

飲まないだろうと言うお酒が、

専門店故に、多々あるのだが、

その中でも珍しいのは、

 

ブラインドアイテム、

蒸留所名非公開、

蒸留所名をあえて出さず、

名を変えて出してくる。

 

少し前まであった。

「ピートビースト」や、

現在は、「グレンジストン」の、

この四種類、

f:id:BARin:20200514000255j:plain

まあ、一種の遊び心のような物と、

私は、捉えているのだが、

かなり解りやすい物もある。

この「ビックスランド」等、

f:id:BARin:20200514000603j:plain

アイラモルトとだけ、

公表されているが、

まあ、多分あれです。

そのブラインドアイテムの中でも、

 

特に珍しい物がある。

ミッシェル・クーブレイ氏

2013年にお亡くなりになっている。

年配の方なら、漫画「レモン・ハート」の中の、

 

「シングル・シングル・ベレー・バーレー」と、

言えば思い出されるだろう、

熟成の魔術師と呼ばれ、

ウイスキー界の革命児、

 

ウイスキーの味わいは95%が、

樽熟成で決まると言うのが、

氏の理論であるが、

これは、あくまで味わいと言う点で、

 

香りと言う事にはならないだろう、

当たり前だが、オクトモアの強烈な、

ピート香や、アイラモルトの、

ヨード臭は、樽熟成では発生しない、

 

又、味わいと言う物が、この香りとの、

総合的な物と考えると、

どうだろうか、香りと味わいを切り離し、

嗜むのは、私のような常人には難しい、

 

が、氏の理論は氏の理論なので、

疑問があっても、否定はしない、

そのミッシェル・クーブレイのカーブから、

樽を変えた商品が、出て来るのだが、

 

勿論、蒸留所非公開、

その一本がこれなのだが、

かなり解りやすい物を、

引き当てた。

f:id:BARin:20200513235326j:plain

 

まあ、様々な意見はあるだろうが、

この一本に関しては、

独特の特徴があるのだが、

この特徴は、ある熟成年数以外は、

 

微妙なものになるが、

かなり色濃く残っている。

熟成感があるので、その点を深堀すると、

決定打とまでは、行かないが、

 

思い当たる銘柄があるのだが、

まあ、それが正解かどうか、

解らないが、一度、そう思うと、

どうしても、そうなってしまう、

 

どうですか?

自粛が終われば、

貴方も挑戦しますか?

私の意見はアテになりませんから・・・

f:id:BARin:20200513235326j:plain

f:id:BARin:20200516214538j:plain

www.saketry.com

 

 


BARレモン・ハート SEASON1 【第3話】