黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 見つけた・・・2

オールドパーの旧ボトルを、

以前から集め、

年代ごとの味わいの変化を、

楽しんでいたが、

 

一点、妙なオールドパーを、

偶然、手に入れた。

古いボトルはスモーキーフレバーが、

強いが、これは強いパフュームを、

f:id:BARin:20191205201811j:plain

放っている。

このタイプは初めてだったので、

驚いたが、では?

何故、そうなったのか、

f:id:BARin:20191205202301j:plain

詳しいことは解らないが、

シンガポールの免税店で、

売られていたと、

言う事は解る。

 

オールドパーのキーモルトは、

クラガンモア、

私の一押しモルトの、

一つ、バランスが実に良い、

f:id:BARin:20191205203229j:plain

 国産の高値高騰している。

ウイスキーを飲むなら、

良心的な価格の、

クラガンモアを飲むべきだが、

 

やはり、そこも、

CMがTVで流れない以上、

私の言葉は、砂上の楼閣、

なのだが、このクラガンモアも、

 

色々と飲んだが、

パフュームの印象は無い、

後は、グレンダランだが、

飲んでいないので、

 

何とも言えないが、

で、本題だが、

旧ボトルの味わいの違い、

それと、海外の免税店によっても、

 

かなり違いがある物も、

あるのでは、実際、

オールドパーには、

存在した。

 

故に、面白そうだから、

免税店の印が入っている物を、

探していて、見つけたと、

言う訳である。

f:id:BARin:20191205201416j:plain

以前も免税店向きの、
バランタイン17年を、

購入した事はあるが、

その時は、左程気にしていなかった。

 

まあ、シングルモルトウイスキー

自体が、年代で味わいに変化がある以上、

それをブレンドする。

ブレンディドウイスキーに、

 

変化があって当然だと、

私は思う、又、

暫く、創業を停止していた。

蒸留所等もあるので、

 

さあ、どこの免税店かまでは、

解らないが、

大きく違わなくとも、

多少は違いがあるのでは?

 

と、考えると、

少し心躍るのは、

やはり、私だけか・・・

しかし、これを楽しむには、

 

条件がある。

まず、ウイスキーが飲める事、

次が、ウイスキーを、

ストレートで飲める事、以上

f:id:BARin:20191205200801j:plain

 

 

g.page