黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 新星を忘れていた・・・

増税不景気、まあ、暇な時間、

在庫の棚を整理していて、

あれ?これ?あ、そうか・・・

と、独り言、

 

又、僅かだが、

シングルモルトウイスキーを、

覚えたいと言う、

若者がいるので、

 

丁寧に行こうと、初心者アイテムを、

少し多めに注文し、

それを、忘れていたと言う、

ただの老化現象なのだが、

 

いや、自分の前に、

歳を取った自分が、

立ちはだかるとは、

若い頃には思いもしなかった。

 

まあ、それは良いのだが、

出て来たのは、

私にとっては思い入れの、

深い、スペイサイドの新星、

f:id:BARin:20191204205523j:plain

トミントール10年、

スペイサイドグレンリベットの、

表記があるが、

これは、グレンリベットの名声に、

 

あやかろうと、色んな蒸留所が、

グレンリベットと付けた。

その名残である。

現在、高額落札第一位を、

 

誇るマッカランも、

マッカラングレンリベットと、

名乗っていた時期があった。

で、トミントールの創業は、

 

私の生まれ年とほぼ同じの、

1964年、スペイサイドでは、

比較的新しいので、新星と言われていたが、

もう、既に50年以上経っている。

 

ストレートでウイスキーを、

始める方には、

絶好のアイテムであるが、

初心者向きと言うのが、

 

実は奥が深い、

釣りは川に始まり、

川に終わると同じである。

私が20代半ばで、

 

マッカランも、グレンフィディックも、

グレンリベットも、

何も知らない時に、

初めて飲んだシングルモルトで、

 

当時は、スモーキーが鼻に付いて、

何と言うウイスキーだと、

思ったが、この何十年、

強烈な物を多々飲んで来た今では、

 

何とも優しい味わいである。

と、同時に銘酒である事は、

間違いないのだが、

やはり、日本人はCM・・・

 

幾ら私が熱弁しても、

CMの壁は高い、

こんなウイスキーを、

CMしたら大変な事になる。

 

昨今の、この少しの、

ウイスキーブームで、

原酒切れ、原酒切れの、

大混乱の大騒ぎを見れば、

 

解ると思うのだが、

ウイスキーは万人が飲めるものでは無い、

故に、ワインや、日本酒ほど、

愛好家の人口も少ないと思うが、

 

それでも、大混乱状態の、

高値高騰、シングルモルトは、

大量生産型では無いので、

そういう事になるのだが、

 

そこら辺の意味合いが解る方も、

なかなか居られない、

悲しい現実である・・・

で、少し前に、私が初めて飲んだ。

 

オールドボトルを手に入れたが、

確かに、現行の物よりは、

ややスモーキーフレバーは高いが、

優しい味わいには変わりは無い、

f:id:BARin:20191204205539j:plain

ヘアリキッドのような、

妙なボトルに入っているが、

これが、免税店で、

目立つためだったようで、

 

私はまんまと、

罠にはまったようだ・・・

まあ、少しウイスキーを、

覚えたいのなら、

 

一冊でも本を読まれたら、

かなり近道になるのだが、

まずは、種類分け、

区別ができ、整理出来たら、

 

後は、経験を重ねるだけ、

なのだが、この区別、

整理が出来ていなく、

闇雲に飲んでも、道は遠いし、

 

お金の無駄遣いだと、

私は思います。

ウイスキーと言っても、

たかが総称で、

 

私、地球人ですと、

言っているようなもの、

理解して頂くと言う、果てしない道のりだが、

今夜も頑張ろう・・・

 

 

 

シングルモルト&ウイスキー完全バイブル

シングルモルト&ウイスキー完全バイブル

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 2017/08/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

ウイスキー完全バイブル

ウイスキー完全バイブル

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 2015/11/10
  • メディア: 単行本
 

 

g.page