黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 8年

少し前に入荷した。

ラガヴーリン8年だが、

やはり、当然だが、

現行の16年とはかなり違う、

f:id:BARin:20191119184931j:plain

ラガヴーリンは、

16年のイメージが、

濃厚なので、

それを、払拭出来ないが、

 

やはり、これはこれで、

蒸留所には、

その蒸留所の出しごろがある。

数年前に、タリスカーセミナーで、

 

ニューポットから、

2年や4年8年など、

色々飲ませて頂いたが、

やはり、タリスカーは、

 

10年に意味があり、

蒸留所責任者も、

10年に拘る理由が、

解って頂いた思う、

 

と、述べていた。

2年の違いで、

かなり表情が変わる。

故に、これは8年の違いがあるので、

 

かなりの違いがあるのは、

当然、世界的なウイスキー評論家、

故M,ジャクソン氏の著書、

ウイスキーコンパニオンでは、

16年は、確か94点の、

最高得点圏だったが、

 

氏が生きてられたら、

何点付けられるだろうか、

なかなか攻撃力、

ドラゴンボールで例えると、

f:id:BARin:20191119184931j:plain

ピッコロ辺りか・・・

g.page