黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 キリン

スコットランドで、

最も背の高い蒸留器、

ポットスチルを持つ、

グレンモーレンジ

 

その蒸留器の高さは、

大人のキリンと同じぐらい、

故にクリーン、

なのだが、引水は硬水、

 

故に複雑さを生む、

樽のエキスパート、

樽の魔術師などと、

言われるが、

 

それは、クリーン故に、

樽の影響を受けやすく、

ポートワインなどの、

色んな樽のバリエーションを、

 

十数年前に、揃えた記憶があり、

現在は、色んな蒸留所で、

行われているが、

その先駆者的な存在、

 

それが、グレンモーレンジ

最高蒸留製造責任者は、

ビル・ラムズデン博士で、

この方はアードベッグの、

 

最高責任者でもある。

そのグレンモーレンジを、

一人、店の終わりに飲んだ。

あれこれと工夫し、

 

色んな蒸留所が、

複雑な新アイテムを次々、

放出して慌ただしい日々だが、

ホットする一時だった。

 

f:id:BARin:20190718032909j:plain

グレンモーレンジ18年、

完璧すぎるウイスキー

 

 

WHISKY COCKTAIL CRAFTBEER

goo.gl