黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 さらば平成! 2

1906年、明治39年の、

ブランデーの話から、

明治39年に亡くなられた。

坂本龍馬の奥さんにあたる。

 

楢崎竜さんの話になり、

久邇宮朝彦親王

(くにのみやあさひこしんのう)

中川宮(なかがわのみやの)様の話に、

 

幕末には、

粟田宮(あわたのみや)

この方も、なかなか苦難があり、

一橋公側に付いた為、

御多分に漏れず、

 

安政の大獄で、

隠居永蟄居となる。

永蟄居は、解除なし、

等の諸々の事があり、

 

名前が良く変わるのだが、

中川宮(なかがわのみや)様で、

そして、この方の侍医が、

楢崎竜の父上なのだが、

 

亡くなられ、故に、

お竜さんは困窮する。

その時に、出会ったのが、

坂本龍馬なのだが、

 

出会った時期が違えば、

どうだろうか、龍馬の妻に、

なっただろうか、

困窮の度合いは、

 

等、実際には詳しく解らないが、

と、楢崎家は、

元は長州の士分だったのだが、

曽祖父が、何かやらかしたようで、

 

浪人になるのだが、

父は、皇族の侍医なので、

かなり裕福に育っている。

が、その父もやはり、

 

安政の大獄で、投獄、

放免後、病死する。

お竜さんは、家事は苦手だったようだが、

お茶や生け花、香道と、教養はあったのだ。

 

と、まあ、書き出すと、

キリが無く、悪夢も見るので、

その様々な過去の要因が、

龍馬への愛情に発展した、

 

のでは、と、私は思う、

お嬢様時代に会っていたのでは、

無かった話だったのでは、

困窮と憎悪と夢で、愛情の炎が、

 

燃え上がったと、

いや、まあ、それは良いのだが、

危なく、本題を忘れる所だった。

元号記念!

祝!令和!と、言う事で、

f:id:BARin:20190414224714j:plain

1906年蒸留のブランデー、

5月1日(水)~5月5日(日)の間、

沢山の方に飲んで頂きたいので、

20mlで、かなりお安く販売します。

 

是非、この機会に、

明治、大正、昭和、平成、

そして、令和にまで、

現存したブランデーを飲まれては、

 

如何ですか?

f:id:BARin:20190414224955j:plain