黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 さらば平成!

元号改元が迫っている。

平成ともお別れになり、

元号の令和の時代が訪れる。

そこで、当店も何か無いかと、

 

かなり前から考えていたのだが、

これは、どうだろうか?

元号改元記念!

明治39年のブランデーを飲もう!

f:id:BARin:20190414224708j:plain

1/3程残っている。

ラ・メゾン・プーシェと言う、

ブランデーなのだが、

どうも、蒸留所は現存しているようなのだが、

 

それ以上、このネットでは追えなかった。

まあ、キップの蝋の量が、

大量で、開封に一苦労した。

コルクの異常な長さにも驚いた。

f:id:BARin:20190414224714j:plain

ラベルにも蝋が張り付いていて、

画像では、解りにくいが、

実際に見ると、1906と、

刻印されている。

 

流石にお高い物だったが、

これが、1800年代だと、

多分、もう一桁変わるだろう、

タモリさんが、その1800年代の、

 

ブランデーを飲まれたと、

TVで言われてたが、

ブランドと、どれくらいの量かは、

不明だが、一杯、20万円と、

 

聞こえた・・・

まあ、それぐらいは、

するだろう、と、私らは、

職業的に相場が解るが、

 

流石に一般の方が、

20万円と言われたら、

ボッタクリ!と、なるだろう、

ましてや、この我が町では、

 

命の危険を感じる・・・

かなりムキになって、

オークションで戦った。

逸品だが、ブランデー、

 

ブランドと言うより、

1906年と言う符号に、

魅かれたのである。

日本では、明治39年、

 

この年の1月に亡くなられた。

方が、居る。

しかも、私の祖父と同じ日にち、

1月15日である。

 

その人物が、

かの有名な楢崎竜、

お竜さん、そう坂本龍馬の奥さん、

度々、色んな方がドラマや映画で演じ、

 

話題になるが、

どう考えても、

森下愛子さんが演じたのが、

個人的には良かったのだが、

 

楢崎竜さんについては、

実は、かなり調べこんでいるのだが、

最近、ブログで披露するのが、

面倒臭いだけの話なのだが、

 

この方をご存じだろうか、

久邇宮朝彦親王

(くにのみやあさひこしんのう)

中川宮(なかがわのみや)

 

と、呼ばれ、皇族の方で、

幕末には粟田宮(あわたのみや)

と、呼ばれ、

後には、天台宗の、

 

第二百二十八世天台座主に、

就かれている。

比叡山では住まれてないが、

住職にあたるようだ。

  つづく・・・