黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

横綱相撲

近年、世間を騒がせた。

相撲界のゴタゴタ騒動、

炎上商法では無いかと、

思うぐらい、色々とあったが、

 

 私は完全に嵌められた。

最近、相撲が気になって仕方ない、

全く興味が無かったのに、

かの「ジャン・コクトー」は、

 

相撲をバランスの芸術だと、

評した。そうだったのか・・・

コクトーに教えて貰うとは、

バランスの鬩ぎ合い、

 

だったのか・・・

手をついただけで負け、

コケたら負け、

土俵から出たら負け、

 

実に繊細な戦い、

猛烈に面白いではないか、

相撲・・・途轍もなく奥が深い、

私自身、知識は全く無いが、

 

私は、大阪なので、

大阪出身の力士を応援、

では無く、何人か応援しているが、

中でも、阿炎政虎(あび まさとら)

 

阿炎?あび?

阿鼻叫喚?

なんと言う四股名だ。

と、気になり、

 

調べると、出身は埼玉のようだが、

高校が、流山の高校?

多分、あそこでは?

実は1年ほどだが、

 

私は、千葉県は流山に、

住んで居たことがある。

のは、良いのだが、

この方の師匠だが、

 

錣山部屋(しころやま)

そう、元関脇 寺尾関、

私と同じ年・・・

あんな男前に生まれていたら、

 

こんなに苦労も・・・

は、良いのだが、

大阪場所、15日の、

阿炎の取り組みを観ていた。

 

すると、いきなり、

飛んだ!空高く、

マジか!で、上から抑え込んだ。

まるで、野生の猿ような、

 

凄い、あの巨体を・・・

と、私は感動したが、

その師匠、錣山親方の、

コメントが歯切れが悪い、

 

なんで?・・・

   つづく・・・