黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 34年・・・

気になるオークションがあり、

ずっと、追いかけて見ていたが、

先日、落札され、

決着がついた。

 

 

確か、10年程前に、

発売された。

BOWMORE ボウモア

34年 1971

 

 

当時でもかなりの金額だった。

が、その落札価格に、

放心状態、この十数年間、

一体、何をしていたんだろうか、

 

f:id:BARin:20190110230212j:plain

 

 960本しかない、

このオークションの一本は、

NO 853

かなり希少性は高いのは解るが、

f:id:BARin:20190110230829j:plain

 

¥473,000-

「・・・・」

先日、地元の同級生と、

会ったが、その同級生の、

 

 

友人に、私を紹介する時に、

こんな風に言われた。

こいつ、駅前で高い飲み屋やってる。

ボタックリやで、

 

 

と、まあ、この町では、

そうなる事は間違いない、

意味合いや、価値観が、

解らねば、例え友人でも、

 

 

そういう、認識になるだろうし、

まず、そういうお酒を望まない、

その日も、280円均一の、

居酒屋に行くと、私は帰ったが、

 

 

しかし、ぼったくりとは、

人聞きの悪い、

自分の物差しも広げないと、

と、言い続けて来たが、

f:id:BARin:20190110230337j:plain

やはり、難しい、

今では、当店の前の室外機の上、

無造作に置かれている。

BOWMORE 34年、

 

 

手に入れるのも一苦労だったが、

私は、確かジガー(45ml)で、

一杯 ¥8,000-で提供した。

解る人には解るだろうが、

 

 

ほぼ、原価である。

それが、十年ほど、

置いておくだけで・・・

かたや、ぼったくりと言われ・・・

 

 

私は、何をして来たのだろう、

この20年近くの歳月を、

拭っても、拭っても、

拭いきれない違和感を感じる。

 

 

多くの人が、

店の前を、毎日、毎日、

通って行くが、

誰一人、気付かない、

f:id:BARin:20190110230345j:plain

シリアルナンバー 264の

BOWMORE 34年 

1971の空き箱と、空のボトルが、

無造作に室外機の上にある事を・・・

 

f:id:BARin:20190110230337j:plain

現在の価値で50万近くする。

ウイスキーである事を・・・


Devilman Ending