黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 パフューム 2

ウイスキーは、時代で変わる。

先に書いた、エドラダワーも、

その典型だろう、

傾向としては、

 

 

古くなれば、スモーキー、

薫香が強くなるように思う、

それは、グレンフィデックで、

経験済みだが、

 

 

ブレンディドも同じ事が言えると、

思う、現行のウイスキーは、

どれも、優しく、飲みやすい、

が、故に、個性に欠ける。

 

 

まあ、シングルモルトの味が変われば、

それで構成されている。

ブレンディドが変わるのは、

当然の話なのだが、

 

 

また、同時期に販売されている。

ウイスキーでも、販売先や、

ロッドの違い等で、

香り、味わいは変わるのだろう、

 

 

全てを飲んだ訳では無いので、

断言は出来ないが、

以前から、オールド・パーの、

オールドボトルを、

 

 

何本か購入しているが、

やはり、古くなれば、

薫香が強くなる。

大河ドラマ西郷どんで、

 

 

笑福亭鶴瓶さんが、

好演した。岩倉具視が持ち帰り、

明治天皇に献上した事でも、

有名な、オールド・パーだが、

 

 

当時の物はさぞかし、煙ぽかったのでは、

と、余談は良いのだが、

そのオールド・パーにも、

パフューム香を放つ物がある。

 

 

まあ、パフュームを放つ、

シングルモルトを入れれば、

結果、そうなるのだが、

そのオールド・パーなのだが、

 

 

正確には解らないが、

80年の終わりから、90年ぐらいだと、

思うのだが、解るのは、

シンガポールの免税店で購入したようだ。

 

 

ラベルに、シンガポール空港の、

免税店と書いてあるので、

スモーキーや、酸味の強い、

オールド・パーは、何度か出会ったが、

 

 

パフュームは初めてである。

こういう風に、年代でウイスキーの、

香り、味わいが変わる事に、

気付いて来ると、ダンジョンに入る。

f:id:BARin:20181225211838j:plain

正に迷宮、故にこのウイスキーは、

あーだ、こーだと言っても、

何年の物で、厳密には、どこで手に入れた。

と、なり、オールド・パーも、

 

 

どれをもって、オールド・パーなのか、

サッパリ解らなくなって来たが、

が、やはり、全てが、

オールド・パーなのだろう、

 

 

オールド・パーの核となるのは、

クラガンモアだが、

クラガンモアでパフュームを、

感じた事は無い、

 

 

一体何を入れたのか、

と、考えながら、

飲むのも、やはりウイスキーの、

楽しさの一つでは無いだろうか、

f:id:BARin:20181225211838j:plain

ウイスキーの香りについては、

このサイトに詳しく載っていますが、

あまり覚えると、混乱しますので、

ほどほどに・・・ ↓

www.barrel365.com