黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

千葉氏と妙見信仰

あまり、宗教的な事は、

ブログでは書きたくないのだが、

やはり歴史とは、

実に面白い、

 

 

土壌があり、種があり、

日の光、空からの雨、

そして、根を張り、

幹が育ち、枝が伸び、

 

 

花が先、落ち、

堆肥になり、又、種を蒔く、

生い茂った枝は、激しく絡み合い、

リンクする。

 

 

千葉氏は、平安からの、

名族であったが、

あまり知られていない、

それは、戦国時代に、

 

 

後北条氏と繋がるのだが、

その為、豊臣秀吉の、

小田原征伐により、

 

 

後北条氏の滅亡と共に、

領土は没収され、

戦国大名としての、

千葉氏も滅亡し、

 

 

離散して行くのだが、

が、実は脈々と、

息づいていた。

ここで、北極星の、

 

 

別の名を、子(ね)の星、

とも言われた北極星は、

北辰とも言われるのだが、

時代は幕末まで飛ぶが、

 

 

幕末で、北辰で、千葉、

と、言えば、

そう北辰一刀流創始者

千葉周作なのだが、

 

 

この北辰一刀流は、

千葉常胤が開祖、

千葉家家伝の北辰流と、

一刀流を合わせたものなのだ。

 

 

俄かに北斗の拳の話のように、

なって来る。

と、千葉周作となれば、

幕末の志士が五万と出てくる。

 

 

坂本龍馬しかり、

山岡鉄舟先生、いきなり、

複雑にリンクするのだが、

この妙見信仰も複雑に絡み合う、

 

 

神社や寺、真言宗日蓮宗と、

神社では、秩父秩父神社

大阪では、里田妙見宮、

その秩父神社だが、

 

 

来年、6回目を迎える。

秩父ウイスキー祭りが、

毎年開催されている。

その事で、私らには有名なのだが、

 

 

まあ、話せば長くなるので、

私が何故、北斗七星の信仰を、

知っていたか、なのだが、

妙見信仰は、日蓮宗にも派生するのだが、

 

 

それは、千葉市千葉神社があるのだが、

これが、源頼朝に崇拝を受け、

日蓮上人も重んじたと、

と、何より、千葉氏が、

 

 

日蓮宗の中山門下の檀那であった事、

故に、妙見菩薩が、日蓮宗寺院でも、

祀られるように、なったのだが、

やっと、辿り着いたが、省き過ぎた点は、

 

 

お許し下さい、

で、その日蓮宗霊場

三大妙見が一つに、

能勢の妙見山があるのだが、

 

 

この山に、父と母に連れられ、

毎月、毎月、月参りで、

連れられた。多分、小学校の前ぐらいから、

中学の始め頃まで、

 

 

大雪の日も、

日差しの強い夏も、

ざっと単純計算すると、

100回近くになる・・・

 

 

と、言う事で、

北斗七星の信仰がある事を、

幼少の頃から、私は、

知っていたと言う話、

 

 

又、妙見信仰は、

中国の道教や、

陰陽道密教等と、

絡み合い、複雑多岐となるが、

 

 

起源はインドである。

で、余談だが、

この妙見信仰には、眼病平癒の為の、

北斗七星法なるものがあるが、

 

 

確か、そんなシーンが、

北斗の拳にあったような・・・

まだまだ、リンクし、

気付いた事もあるが、

 

 

後は、お店で!

いや、機会があれば、

妙見山に行ってみたい、

幼少の記憶が散りばめられた山に・・・

 

 

能勢氏と能勢頼次は、

飛ばしました。

冬の陣で天満口を

守備したのだが・・・

 

 

昨年、永眠した。

父の誕生日に記す。