黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 新蒸留所 

毎夜、毎晩、

ゆったりと、JAZZが流れ、

静けさが恐いぐらいの、

時を過ごして居るのだが、

 

 

一体、どうなっているのか、

次々登場する。

ウイスキーの新商品、

だけでは無く、

 

 

日本に、次々と誕生する。

新蒸留所の数々、

一体、どこで消費されているのか?

いや、消費されず、

 

 

保管されているのか、投資目的の、

転売屋さん等も増え続け、

入手は困難、高値高騰、

ウイスキーブームなのに、

 

 

物が無い、BARは暗黒時代に、

かと言って、

休むことは許されず、

お客さんは来ないが、

 

 

酒は来る。

静かな時間の流れと裏腹に、

気の許せぬ、緊迫した日々、

正にパラドックス

 

 

が、攻撃は最大の防御、

と、そろそろ、

揃えて行かないと、

まずは、第一弾!

 

 

 

嘉之助蒸留所、

鹿児島県は、日置市の、

小正醸造株式会社の、

嘉之助ニューボーン、

f:id:BARin:20181218003532j:plain

 

 

出来立てのニューポットはスルーし、

ホワイトオークでの、

八か月熟成、

量も少ないので、

 

 

お試し的な販売で、

20mlで、お出しします。

今夜辺り、

チャレンジしませんか?

f:id:BARin:20181218003532j:plain

 

詳しくはこちらをクリック↓

嘉之助蒸溜所 | KANOSUKE DISTILLERY

COCKTAIL

WHISKY

RAFTBEER

OSAKA TAISHO-KU

TAISHO STATION 

KYOCERA DONE BEFORE

SMOKING  OK

BAR in

f:id:BARin:20181023190051j:plain