黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 春夏秋冬の冬

少し前に届いていたのだが、

前半の早くに来られる方が多く、

なかなか、手つかずになっていた。

モンスーン・マラバール、

f:id:BARin:20181121183005j:plain

インドのコーヒー豆なのだが、

やっと、焙煎する事が出来た。

まあ、私が焙煎したから、

美味しいと言う訳でも無いのだが、

 

 

要は香りの問題で、

焙煎した物を大量に仕入れても、

暇な店なので、

香りが飛んでしまう、

 

 

まあ、そういうコーヒーを、

平気で出している。

茶店等も多々あるが、

それは、それでそのお店の味なので、

 

 

全く否定もしないが、

最近はコンビニのコーヒーで、

クオリティーの高い物を出している。

私も、長年焙煎工場に通い、

 

 

色々と飲み、学んで来た。

やはり、コーヒーを使う、

カクテル、これには、

美味しいコーヒーが絶対条件だと、

 

 

まあ、考えるまでも無く、

当たり前だが、

なかなか忙しい店では、

それも難しいだろう、

 

 

下町の町外れ、

ひっそりと佇む、

場末のBARならではの離れ技である。

f:id:BARin:20181121183201j:plain

まあ、コーヒーとて嗜好品故に、

好みの問題だが、

経験上、酸味が低い豆が適している。

酸味が強いと、ウイスキーの酸化を、

 

 

連想してしまう、

まあ、今は世界中の、

コーヒー豆を、ボタンを押せば、

生豆で買える時代だ。

f:id:BARin:20181121184107j:plain

それを、店の前で焙煎、

通りがかりの人が、

不思議そうに見ているが、

まさか、BARのマスターが、

 

 

コーヒーを焙煎してるとは、

思わないだろう、

週に三杯、たった三杯、

されど、三杯、

f:id:BARin:20181121184538j:plain

一杯入魂である。

こういう拘りのカクテルを、

是非、飲んで頂きたい、

あの店が、どうのこうの、

 

 

そういう話はよりも、

こういう拘りの物を飲むのが、

本来のBARの楽しみ方だと、

私は思いますが、

 

 

そろそろBARとは何か?

それを、解って頂こうと、

努力しているのだが、

 この町では多勢に無勢過ぎて、

 

私自身も解らなくなって、

来た・・・

春には春のカクテルを、

夏には夏のカクテルを、

 

 

秋には秋のカクテルを、

そして冬には冬のカクテルを、

f:id:BARin:20181121184538j:plain

COCKTAIL

WHISKY

RAFTBEER

OSAKA TAISHO-KU

TAISHO STATION 

KYOCERA DONE BEFORE

SMOKING  OK

BAR in

f:id:BARin:20181023190051j:plain