黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

夜中に脚立・・・

まあ、いきなり忙しくなったり、

めっきり暇になったり、

安定感の無い毎日、

それが、不景気なのですが、

 

 

その日も、暇な夜だった。

かなり遅くになった頃、

女性が一人、

「あのー、すいません」

 

 

「はい、何か?」

「脚立貸してくれませんか?」

「・・・・」

脚立?・・・

 

 

最近、又、子猫が産まれたのだが、

その一匹が、高架の上から、

落ちたか、降ろしたか、

それを、何度も母猫のチョビが、

 

 

上り方を教えているように、

見えるので、見守っていたが、

この女性、脚立で上に上げると、

言っている。

 

 

無理だ・・・

猫の事をご存じなら解るが、

飼い猫でも、懐かない子は懐かない、

まして、野良猫、

 

 

言えば、野生である。

毎日、会っている私でも、

至近距離に行くと、

威嚇される。

 

 

どうも、多くの人は、

猫は呼べば来るように、

思っているようだが、

間違った固定観念だ。

 

 

の、ような事を説明したが、

どうも、納得が行かない、

ご様子、参った・・・

しかも、高架に脚立を掛けて登れば、

 

 

不法侵入なのだが、

それも、解らない、

ご様子・・・

仕方なく、「無理です」を連発、

 

 

しかし、又、そんな事をすれば、

あそこのマスターは、

酷い人だと言う事になりかねない、

が、冷静に考えて、

 

 

夜中に高架に脚立を掛けて、

猫を捕まえて登って・・・

いや、どう考えても、

常識の範疇では無いのだが、

 

 

いやいや、その前に、

営業しているBARに、

脚立を借りに来る方が、

遥かに恐い・・・

 

 

まあ、何とか帰って頂けたので、

事なきを得たが、

猫は、個体によって、

懐く子、懐かない子が居ます。

 

 

特に、野良猫は、

と、ウイスキーやら、

カクテルより、

まず、猫か・・・

 

 

道のりは遠い・・・