黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

万国来店 熱烈歓迎 10

流石に、毎晩、毎晩、

異国の方を相手にすると、

疲れ方が半端では無い、

と、フランスの方が大変なのだ。

 

 

彼らは、全てでは無いが、

英語を話さない、故に英語は通じない、

逆に、必死で日本語で話しかけて来る。

もう、一人の男性は、

 

 

あまりウイスキーを飲まれないようで、

話せる彼が言った。

「ブルボンを、彼に」と、

ブルボン??お菓子か??

 

 

あ、違う、ブルボン王朝だ。

元々バーボンは、バーボン郡で造られ、

故にバーボンの名前の由来となったが、

バーボン郡の名前の由来が、ブルボン王朝なのだ。

 

 

ブルボンのお菓子では無く、

バーボンの事である。

う~ん、どうも、

かなりバーボンにも理解があるようだ。

 

 

「ターキーはどうですか?」

いや、ウイスキーあまり飲めないなら、

強過ぎるよ、と、これはどうですか?と、

テネシーウイスキーだが、

f:id:BARin:20181022000722j:plain

 

 

と、ジョージ・ディッケルを出すと、

ジャック・ダニエルがどうの、

こうのと言っている、そうだ、やっぱり、

良く知っている。

 

 

ローゼスのブラックとも思ったのだが、

私が狼狽えたのは、これだ。

日本人の全てが、水割りで飲んでいると、

誤解している。

 

 

故に、私に水割りにして美味しいのは?

と、訪ねているのだが、

長年、バーボンやシングルモルトを、

水割りで飲んだ記憶が無い、

 

 

水や、ソーダで割るなら、

ブレンディドのスコッチか、

カナディアン、アイリッシュ

晩酌はジェイムソンのソーダ割りが多い、

 

 

完全に裏を突かれた状態なのだ。

が、それを上手く説明出来る程の、

語学力が無い・・・

ジレンマが募るばかりだった。

 

 

しかし、彼らは、それが日本のやり方なら、

それに従い、日本文化に、

触れようとしているのだろう、

それも、確かに理解は出来るが、

 

 

彼が言った。

「彼女に、ラガヴーリンの水割りは、

どうですか?」と、

き、聞かないでくれ・・・

f:id:BARin:20181022000737j:plain

 

 

まだまだ未熟だった。

それを水割りにした事が無い、

想像するが止めておいた方が良いと、

あまり、水割り、水割りと言うので、

 

 

責任を取って頂こうと、

これにされてはどうですか?

と、言うと、では、それでと、

駄目だ、私を水割りのプロだと思っている。

f:id:BARin:20181022000752j:plain

流石に私がこれを選んだ。

理由までは、解らないだろうが、

軽いジョークだが、

いや、まあ、しかし良くご存じだ。

 

 

日本のBARの事も、

理解して来ている。

彼らは、日本的なBARに来たいのだ。

私が大きく舵取りをする事も無い、

 

 

このままで十分なのだろう、

しかし、言われたお酒が無い時の、

外国人の方の、落胆したリアクションは、

胸に突き刺さるものがある・・・

f:id:BARin:20181019003310j:plain

 

 オオ~ノー・・・

 

COCKTAIL

WHISKY

RAFTBEER

OSAKA TAISHO-KU

TAISHO STATION 

KYOCERA DONE BEFORE

SMOKING  OK

BAR in

f:id:BARin:20181023190051j:plain