黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

万国来店 熱烈歓迎 9

それは、ウトウトしていた。

K社長が、上がりのグラスホッパーを、

オーダーした時だった。

3名で来店、

 

 

開口一番、彼が言った。

イチローズのミズナラウッドリザーブを」

思わずK社長が、

グラスホッパーを吹きそうになった。

 

 

大丈夫か?とばかりに、

私の顔を見た。

まあ、まさかフランス人の青年が、

ミズナラウッドリザーブとは、

 

 

しかし、あれは・・・

と、彼が「少しですよね」と、

そうだ高額な為、

ハーフで出している。

 

 

ん?そうか、最初に下見に来て、

プライスカード、

この町では、まだまだ高額なウイスキーが、

ある事を知らない人達が多く、

 

 

トラブルに多々なったので、

十数年前から、苦肉の策で、

ウイスキーにプライスカードを、

ぶら下げている。

 

 

良く、他の町から来た人に笑われたが、

これが、インバウンドでは、

逆に功を奏している。

彼は、私のプライスカードを、

 

 

パソコンで、訳して来たのだ。

それで、一つ、一つ、写真を撮ったのか、

なんか、嬉しいやら、切ないやら、

大阪商人の全てがケチでは無い、

 

 

と、多めに入れてあげた。

ここで、応えねば、どこで応えるのだ。

私は、2本持っているから、

と、彼が「私も安く買えました。

 

 

6000円でした」と、

ニコニコと・・・

た、高い・・・

が、彼が言うには、

 

 

パリでは、もっと高いらしい、

イチローズの秩父のどれかは、

解らないが、彼がスマホで見せてくれた値段だが、

日本円で66万円・・・

 

 

もう、ウイスキーの値段では無い、

故に私も、最近は仕入れていない、

転売アイテムや、

コレクターズアイテムのイメージが、

 

 

強すぎ、本来のウイスキーの価値観が、

損なわれているように思うからである。

販売されても、私の手には入らないが、

その日から、ヤフオクに高値で、

 

 

ズラッと並んでいる。

何か如何わしささへ感じる・・・

で、彼が「日本の珍しいウイスキーを、

買いました。ホワイトウイスキーです」

 

 

と、画像を見せてくれた。

それは、琵琶湖の・・・

ウイスキー・・・いや・・・

法律上の問題なのだが、

 

 

日本では・・・

まあ、いいか・・・

と、「日本では、みんな水割りで

飲むのですね」

 

 

駄目だ、なんか変な解釈になっている。

日本人がちょんまげをしているような、

で、女性の方が、

ラフロイグの水割りを・・・

 

 

まあ、飲み方は、個人の自由だから、

構わないのだが・・・

そして彼が、

「良ければラフロイグの15年を」と、

 

 

ん?リアルタイム過ぎる。

それは、最近入ったばかりだ。

やはり、調べてから来ているようだ。

まあ、シンゴ君ありがとう!

 

 

f:id:BARin:20180924013116j:plain

2017年限定、

ラフロイグ15年

カーディス、

ジャストミート!

f:id:BARin:20181019003310j:plain

6000円で買ったのか、

う~ん・・・

私の買った値段を言わなくて良かった。

どうにかならないものですかね・・・

 

 

高値高騰、高値高騰と言うが、

ぼったくりでは・・・

と、言いながら、

一本予備があるのだが・・・

f:id:BARin:20181021184009j:plain

COCKTAIL

WHISKY

RAFTBEER

OSAKA TAISHO-KU

TAISHO STATION 

KYOCERA DONE BEFORE

SMOKING  OK

BAR in

f:id:BARin:20181023190051j:plain