黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 アダミ

マッカランが、独走を続けていた。

ウイスキーのオークション落札価格、

少し前に、サントリーの山崎50年が、

1200万程で落札され、

 

 

大きな話題となったが、

しかし、マッカランには、

まだまだ恐ろしい物がある。

それが、遂にオークションに、

 

 

驚愕の落札価格を弾き出した。

一本のウイスキーの値段が、

まさかの・・・

1億2千5百万円・・・

 

 

もう一度言うが、

一本のウイスキーの値段である。

たった一本が、

1億2千五百万・・・

 

 

マッカランの60年、

1926年物、

これが、24本あるのだが、

一本は飲まれ、

 

 

驚くなかれ、一本は、

東日本大震災で駄目になったとある。

日本にあったのか・・・

その24本のうち12本が、

 

 

英国人アーティスト

ピーター・ブレイク氏のラベルデザイン、

もう12本は、

バレリオ・アダミ氏のデザイン、

 

 

今回はこのアダミ氏のデザインした。

ラベルのボトル、

しかし、残りのボトルはどこにあるのか、

この町のオジサンで、

 

 

「俺は酒と言う酒は、

全て飲んだ!」

と、豪語した人が、

二人、いや三人いたが、

 

 

ま、まさかこの町に・・・

あるわけ無いか・・

f:id:BARin:20181005201727j:plain

 

詳しくはこちらをクリック!

 

www.afpbb.com