黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

空の日

昨日、9月20日は、

空(そら)の日と言う記念日である。

その空の日になった。

深夜、何度も連絡があったのだが、

 

 

私は、何時もの如く、

酔客の相手をしていた。

遅くに、やっと終わり、

連絡を入れると、

 

 

奇しくも、空の日に、

我が家の愛犬、

空君が亡くなったと、

慌てて、帰ったが、

 

 

既に亡骸に・・・

かなり、苦しんだようで、

部屋が悲惨な状態に、

当然だが、死はいつかは、

 

 

訪れるものだが、

出来れば、安息に旅立って欲しい、

そう思うのは当然だが、

残念な結果だった。

 

 

先日、リスクのある歯の手術を終え、

回復に向かっていたのだが、

急変したようだ。

少し前に、

 

 

シェルティーのP-助を、

亡くし、傷心冷めやらぬ、

間の悲報に、

流石に、悲しみを通り抜け、

 

 

呆然とした・・・

天真爛漫、その言葉が、

そのままだった。

イタリアン・グレー・ハウンドの、

 

 

空君、凄いスピードで、

走る姿が、延々と、

頭の中で、ぐるぐると回る。

我が家に、沢山の笑顔を、

 

 

プレゼントしてくれた。

空君、心からありがとう・・・

過去、何度か、危機的状況から、

脱した。強い子だったのだが、

 

 

そして、私も、

今、やれる事は、

全てやった。

悔いが無いと言えば、

 

 

嘘になるが、

結果は、結果で、

仕方ない、天命だと、

受け止めよう、

 

 

出来れば、息を引き取る前に、

もう一度、もう一度だけ、

会いたかった・・・

安らかに眠ってくれ、

 

 

応援してくれた。

皆様に、心から、

感謝いたします。

しかし、家族も、知り合いも、

 

 

常連氏も、

皆、空君と呼んでいたが、

実は、私が名付けた彼の本当の名は、

河合曾良から、頂いた。

 

 

曾良(そら)なのだ。

奥の細道で、松尾芭蕉に、

同行した。弟子の一人、

私と一緒に旅をしようと、

 

 

言う思いで名付けたのだ。

改めて、曾良よ、

沢山の思い出を、

ありがとう!

 

 

私が、そちらに行ったら、

又、P-助と共に、

一緒に走ろう!

 

f:id:BARin:20180920151039j:plain

f:id:BARin:20180920175435j:plain

f:id:BARin:20180920175949j:plain

f:id:BARin:20141006150521j:plain

f:id:BARin:20141006150513j:plain

f:id:BARin:20141006150522j:plain

 

 

 

皆さん、ありがとうです!さよならです!

 

 

f:id:BARin:20180920180044j:plain

 


コトリンゴ 「悲しくてやりきれない」