黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 K社長のウイスキー

月曜日は欠かさず、

現れるK社長、

流石に筋金入りの遊び人、

週初めから、飲みだす。

 

 

これが、粋な遊び人であると、

先輩に教わった事がある。

が、基本、BAR好きなのだろう、

まあ、色んなBARをよく御存じだ。

 

 

私らは同じ時間に働いているので、

左程、色んな店にお邪魔出来ない、

逆に色んな方から、色んなBARの情報は、

頂いている。

 

 

特に、銀座や、北新地のBARの話は、

興味津々であるが、

この町では、この町の店の話ばかり、

この町から出れない、呪縛でも掛かっているのか・・・

 

 

そして、先日、こんな話をされた。

私がカウンターに立っている時は、

全体の仕事の4割程度だと、

流石だ・・・

 

 

見透かされている。

まあ、本当に時間が無い、

一日が30時間ぐらいあればと、

常に思う、

 

 

今は、本当に大変な時代になった。

ウイスキーは、秒進日歩、

毎日、毎日、新入荷のお知らせ、

蒸留所に情報が送られて来る。

 

 

しかも、ウイスキーだけでは無い、

クラフトビール、ジン、

日本のジンも、

次々と出て来る。

 

 

その流れの尻尾を必死で、

捕まえている。

少し、目を離せば、

完売、売り切れ・・・

 

 

朝の10時頃から、

店に来る直前まで、

多々パソコンにしがみ付いている。

情報の嵐、嵐、その合間に、

 

 

オールドボトルを探し、

ブログを書き、

毎日が慌ただし過ぎる。

が、やはり他の町に負けたくない、

 

 

と、言う意識が強い、

試飲会等で、紹介され、

この町の名を出したら、

えっ!、とか、笑いながら、へえーとか、

 

 

片手でチラシのように名刺を渡された事もある。

まあ、そういうとこに出て行かず、

この町に引きこもれば、

何とも無いのだが、

 

 

私は嫌なので、何が悪いと、

ムキになってしまう、

しかし、これだけの情報を精査し、

吟味し、が、逆に瞬間的な判断も必要、

 

 

それを、やはり、普通の方は、

店に来て、開けて、閉めて、

楽な仕事だと思っているようだが、

K社長には、バレている。

 

 

それが、まだまだ三流なのだろう、

若い時から水商売をし、

ミナミの老舗のラウンジから、

独立されたママの店で勤め、

 

 

まあ、厳しく指導された。

特に掃除は、それも最近は時間が無く疎かに、

が、店の前は欠かさず、掃いている。

 

 

「店の前が汚い店に誰が来るか!」

と、怒鳴られた事が多々あるが、

この町ではあまり関係ないようだ。

それと、看板、あまり前に出すなと、

 

 

前に出すと、隣の店が、

もっと前に出す、

と、そのまた隣の店は、

もっと、もっと前に出すと、

 

 

結果、それによって、

人が流れなくなると、

なので、看板も出していない、

が、それも、この町では、あまり関係ないようだ。

 

 

と、いくら経営がしんどくなっても、

どこ吹く風と、飄々としろと、

武士は食わねど高楊枝である。

昨年、少しお会いしたが、

 

 

髪の毛がボサボサだと、

怒鳴られた。

「お前!水商売してるなら、水商売らしくしろ!」

と、豪快な一撃を喰らった。

 

 

しかし、本当の優しさはとは、

こういう事なのだ。

何でも、かんでも、

ええよ、ええよと応援しては、

 

 

ぬるま湯を作ってしまう、

それは、ただの偽善にしか過ぎない、

確かに私はダラけ過ぎていた。

女手一つで、何十年も、

 

 

ミナミで、店を切り盛りして来た。

実績を私は知っているので、

頭が上がる訳が無い、

この人に水商売は何たるかを教わった。

 

 

しかし、その時、近くの店に行き、

私が豪快に怒鳴られているのを見て、

その店の店主がオロオロしていたが、

私とて、所詮、そんな程度なのだ。

 

 

だからこそ、上を目指したい、

そして、それを、この町から発信したい、

ただただ、それだけだ。

私が生まれ、育った町なのだから、

 

 

しかし、K社長に見透かされた。

まだまだだ、確かにこれだけのお酒を集めるのには、

相当なアンテナを張り、日々、膨大な時間を費やしている。

しかし、それがプロであり、

 

 

バーテンダーとしての努力だと思う、

理解して頂いたの嬉しいが、

見透かされたと思うと、

妙に複雑な心境だが、

 

 

そんなK社長に、

敬意を込めて、

キャンベルタウンの逸品を、

数年前、ボトルを一新したのに、

f:id:BARin:20180823225447j:plain

又、全てを一新し、数種類のラインナップが出ているが、

当店で、キャンベルタウンモルトと、

言われるのは、K社長だけなので、

今回は、これだけ・・・

 

 

グレンスコシア・ハーバー入荷!

f:id:BARin:20180823225447j:plain