黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 シンゴ君通信 4

スコットランドは、アイラ島

アイラ島と言えば、

エリザベス女王も訪れた事があり、

アイラの女王と呼ばれる。

 

 

そう、ボウモア

f:id:BARin:20180819202505j:plain

f:id:BARin:20180819202536j:plain

白と濃いグレーのツートンが、

実に美しい、

と、アイラと言えば、

やはり、海、マリン、

 

 

なので、当店も、

白とテントから上の色は、

この蒸留所の屋根の色を意識した。

そしてブルーのライトとテントは海をイメージし、

 

 

f:id:BARin:20180813152733j:plain

マリンライトや、船舶風の窓と、拘っているが、

伝わらない・・・

海から見たボウモアの蒸留所、

白、グレー、ブルーと、窓からの光、

f:id:BARin:20180815202206j:plain

なので、

 

f:id:BARin:20180812192620j:plain

かなり、蒸留所はイメージはしているのだが、

やはり、伝わらない・・・

ガーン・・・残念・・・

いや、話を戻そう、

f:id:BARin:20180819203839j:plain

説明はお店で!

f:id:BARin:20180819203919j:plain

かなりの歴史を感じる。

f:id:BARin:20180819203955j:plain

ポットスチルも、

f:id:BARin:20180819204035j:plain

 

そして、これが大事なのだが、

f:id:BARin:20180819204118j:plain

 

 

2013年か・・・

 

 

f:id:BARin:20180819204202j:plain

そして、ボウモアと言えば、

伝説のウイスキー

1964年、

ファースト東京オリンピック

 

f:id:BARin:20180819204258j:plain

ブラックボウモア

ショーケースに飾られていたようだ。

現在、200万弱の値が付いているが、

悪いが、私は、開封直後、

 

 

二週間後、半年後、

と、何度か分けて飲んでいる。

ブラックボウモアの魅力は、

私的には、この凄まじい、

 

経年変化にあると思う、

が、値段が高騰し過ぎ、

もう飲む機会は、無いだろう・・・

残念だ・・・

 

 

f:id:BARin:20180819210132j:plain

何故、全部飲んでしまったのか・・・

後悔先に立たず・・・

である。

次は・・・