黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

走れメロス・・・

太宰治を取り上げた番組があった。

勿論、走れメロス

実際の太宰の借金の為の人質が、

家宅の人の、壇一雄だったとは・・・

 

 

しかし、無茶苦茶な男だ。

太宰治・・・

走れメロスを初めて読んだ時に、

すぐに頭に浮かんだのは、

 

 

天才バカボン・・・なのだ。

第52話 パパは男の中の男なのだ。

パパをのど自慢大会に、

出場させないと、拉致する。

 

 

若者達、が、それでもパパは、

やって来る。

私はこの時、パパは、

鶴田浩二さんの「傷だらけの人生」を歌ったと、

 

 

が、どうも違う、

それは、他の回で、

この時は北島三郎さんの「仁義」

だったようだ。

 

そうだったのか・・・

フラフラになりながらも、

必死に歌う、パパに観衆も味方する。

目頭がピクピクし、ジーンと来るシーンなのだ。

 

 

そして、勝ち抜き歌合戦で、

 確か優勝し、約束通りママに賞品の、

電子レンジをプレゼントする。

 

 

正にメロス、

少し違うか・・・


バカボンパパ - 仁義

 どうせ、みじかい命なら、ぱっと燃やして、

世間の隅を照らしたい・・・

義理で始まり、仁義で終わる。

その仁義が解る人も、もう、ごく僅か・・・

 

 

そんな事も解らないのに、

正に世はカオスなのだ・・・