黄昏ウイスキー TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

インバウンドと税金考 

暑い日が続く、

やる気も、根気もなくなる。

才能の八割は体力だ。

故天才石ノ森章太郎先生の言葉だ。

 

 

正にそうである。

そして今、インバウンド効果、

外国人観光客の大増加、

その、一因、いや、絶大なる要因は、

 

 

漫画家の先生達だろう、

手塚治虫氏から、

赤塚不二夫先生、

石ノ森章太郎先生、

 

 

まあ、書き出したらキリが無いが、

それから、今のアニメに繋がっている。

脈々と受け継がれている。

それは、BARとて同じ事、

 

 

いきなり、自分が始めたのでは無い、

先人に対する。

尊敬がなければ、

努力も無くなるだろう、

 

 

そして、そのアニメの恩恵で、

事件は起こった。

たこ焼き焼いて、

三億三千万・・・

 

 

一億三千万の脱税、

大阪城公園茶店

私の店では、高いお酒を売ってるから、

儲けていると、言われるが、

 

 

もう、面倒臭いし、

馬鹿らしいから黙っているが、

要は、原価率と入客数の問題である。

100円の物を売ってるから、

 

 

儲けていないと、

言った店の人が居たが、

そうでは無い事が、

この問題でも良く解る。

 

 

この件に関しては、

否定的な意見が多いが、

その中の何人が、

実際に、その店に行ってるのだろうか?

 

 

私は、行ってる。

その時の事は、

2015年7月のブログに書いている。

何故か、題名が「地獄の沙汰も金次第」

 

 

正に何かを予知したような、

あの時、私が使ったお金も、

この中に含まれるのか、

なんか、妙な感じがするが、

 

 

おばちゃんは、暑い中、

一生懸命、働いていた。

私は、長い事、ずっと見ていた。

マナーの悪い中国人相手に、

 

 

税金を払わない、

確かにいけない事だろう、

しかし、世の中には、

その税金を喰い物にしている事件を、

 

 

 

頻繁に目にする。

特に、税金で給料を貰っている方々の、

一億三千万円の税金、

一体、どれだけたこ焼きを焼けば、いいのやら、

 

 

私も、数年前、本当に嫌になった。

税金で給料を貰ってる人に絡まれ、

税金で、生活している人に絡まれ、

怒鳴られ、馬鹿にされ、

 

 

で、税金を払っている。

何なんだろうか?これは・・・

そもそも、払った税金がどうなっているのだろうか?

政務活動費か?

 

 

おばちゃんは、来る日も、来る日も、

たこ焼き焼いて、

あれは、見るからに大変そうだった。

私も、商売をする側の立場、

 

 

あの忙しさは、

半端では無い事は解る。

寝てて、枕元にお金を置いてくれてるのでは無い、

しかも、おばちゃんはお金を使ってなかった。

 

 

これが凄い、私なら、

とっくに使っている。

要するに派手な暮らしをしていなかった。

と、言うことでは無いのか、

 

 

それを寄って集って・・・

      つづく・・・

 

barin.hatenadiary.jp