黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

天才バカボンのパパ

赤塚不二夫先生が、

お亡くなりになり、

早や10年・・・

では、赤塚先生との思い出を、

 

 

ん?あるのか?

いや、まあ,少し・・・

阪神大震災が起こり、

私は北新地を離れ、

 

 

古巣のミナミで、

店を出し、暫くした時だった。

赤塚不二夫展が戎橋の辺りで、

開催され、たまたま、

 

 

そのスタッフの方たちが、

店に立ち寄られた。

で、私も行ってみる事に、

赤塚先生のキャラクターが書かれた。

 

 

沢山の絵が売られていた。

私は何故か、ウナギ犬が気になって、

購入した。

それからも何度か立ち寄られた。

 

 

暫くしたある日、

電話が掛かって来た。

その時のスタッフの一人から、

「はい、ん?ええっ!」

 

 

た、大変だ・・・

慌てた。赤塚漫画で育った年代なら、

誰もが、焦るだろう、

「マジですか?解りました探してみます」

 

 

ありとあらゆるブレインを、

総動員した。

TV関係、お笑い、演劇、

小説家、ジャーナリスト、

 

 

いや、もう自分でも驚くぐらい、

連絡した。

まあ、基本が私のお願いでは無く、

赤塚先生のお願いなのだから、

 

 

遠慮なく、連絡出来る。

しかも、皆、焦る。

実に面白い、

で、何の連絡だったか?

 

 

それは、後篇に続く・・・