黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 日本の黒船

2017年、秋、

当店は移転の混乱の真っ只中、

驚愕のニュースが飛び込んで来た。

しかし、そのニュースが、

 

 

混乱の中の疲れきった私に、

一陣の光を差した事は、

間違いは無い、

やれば出来る!

 

 

川本幸民が、

日本で初めてビールを造り、

そして、又外輪型の蒸気船を造り、

列強国を驚愕させ、

 

 

約150年、

一本のビールが、

海を渡り、目指すは英国、

イギリス、

 

 

その地で開催される。

ワールドビアアワード、

WBA、そのスタウト部門で、

まさかの絶対王者

 

 

黒ビール界のラオウ

ギネスビールを、

なぎ倒したビール、正に日本の黒船、

南国は宮崎の、ひでじビールが逸品、

 

 

その名は栗黒!

f:id:BARin:20180629201229j:plain

 

 

もう、近年の日本のクラフトビールの快進撃は、

止まらない、世界の金賞を次々と、

そして、遂にここまで来たか・・・

ワールドカップ然り、

 

 

今でも、その形を変え、

色んな分野で、日本の侍は、

戦い続けているのだ。

外に目を向けないと、

 

 

同じ酒を飲み、

同じ話ばかりし、

そして、死を迎える。

それも、それでその人の人生だから、

 

 

それで、良いのだが、

それを他人に強要しないで欲しい、

多く売りたくば、安くすれば良いのだが、

それをせず、ポリシーを貫く、

 

 

その事で、世界は評価する。

しかし、この栗黒、

金賞に輝くのだが、

日本の流通が無く、アメリカの輸出のみ・・・

f:id:BARin:20180629201239j:plain

 

 

そして、待つ事一年近く、6月の末、

業者さんから連絡が入った。

そうか、そうだ、その取引業者さん、

宮崎なのだ。

 

 

当店の、正に懐刀、

南国は宮崎の、取引業者さん、

ハイランドパーク、アードベッグの、

限定品の殆どは、この業者さんが確保してくれている。

 

 

先月のアードベッグ・グルーブスも、

この業者さんから仕入れた。

ならば、それに応えねば、

で、ケース買い!

 

 

f:id:BARin:20180629185654j:plain

 

この業者さん、包装が実に丁寧で、

必ず、ゴミ袋を一枚と、

手書きのメモが入っている。

故に、長い付き合いになった。

 

 

少々お高くても、

ここから買おうと言う気になる。

そして、これがBARの努力であると、

私は思う、

 

 

毎日毎日、お酒のニュースに目を通し、

アンテナを張り、

少しでも安く、早く、

BARファンが気になるお酒を入手する。

 

 

店をやっている以上、

頑張るのは当たり前だ。

が、何を持って努力と言うか、

私自身は、こういう事だが思う、

 

 

が、それも人それぞれ、

自由にすれば良いだけの話、

しかし、日本の黒ビールが。

WBAで金賞に輝いた事は知って欲しい、

 

 かし、このビールは、値段も高く、

しかも、適正温度が、

10℃~18℃、

ほぼ常温である。

 

 

ビールは、キンキンに冷えた物と、

日本人は、固定観念が強い、が、世界のビールでは、

常温で飲む物も、多々ある。

 

 

故に、一本も冷やさず、

入荷を心待ちにしていた人達が来店、

僅か数日で、1ケース、完売・・・

ありがとうございました。

 

 

f:id:BARin:20180629201229j:plain

次の入荷まで少々お待ちを!

 

詳しくはこちらで!

ひでじビール「栗黒」、世界最高賞 - 紙面県内経済 - みやビズ

http://hideji-beer.jp/cms/wp-content/uploads/2017/10/hideji_kurikuro_wba2017_2.pdf

 

店先で物損事故があり、休業してますが、夜は中に居てますので、覗いて下さい!