黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 白洲次郎の愛したウイスキー

三田藩と九鬼一族の、

歴史を探索したが、

現在も、その九鬼一族の活躍は続き、

福岡ソフトバンクホークス

 

 

九鬼隆平氏は、

九鬼一族が、子孫である。

と、知った瞬間、

一気に応援する気になった。

 

 

まあ、私は幼き日には、

南海ホークス子供会だったので・・・

その三田藩士の祖父を持ち、

大富豪だった父を持つ、

 

 

いや、その父である。

白洲文平だが、

名前の読みが「ふみひら」とあるが、

どうも「ぶんぺい」だった可能性が高いと、

 

 

え、そんな事も解らないのか?

歴史は不思議だ・・・

しかし、この方の建てたお屋敷、

白洲屋敷だが、敷地面積、

 

 

4万坪・・・

4万?4万坪って何だ?

しかも、コロー、モネ、マティスピカソ等の、

絵画を所有する。美術館、牡丹園があったと、

 

 

それが、現在の伊丹市

伊丹市と言えば、

そう、スノーブロンシュ、

白雪の小西酒造さん、

 

 

川本幸民の幕末のビールを、

再現した事は、書いたたが、

そのコニシビールの小西酒造さんと、

平氏がリンクする事がある。

 

 

現在の伊丹市立伊丹高等学校の前身である、

女学校設立の際、

寄付金が小西酒造さんから、当時の金額で2万円、

それに続く二番目の金額、

 

 

当時の金額で一万円を出したのが、

白洲文平氏である。

大正10年の話で、

その翌年、私の父が生まれるのだが、

 

 

大正4年で、一万円を、

現在の価値に換算すると、

3000万円・・・

ポンと出したのか?

 

 

出したと書きているので、

出したのだろう・・・

恐るべし、白洲文平

その次男である。

 

 

戦後の日本の重要人物、

白洲次郎

書き出せば長くなるので、

省略するが、その境遇で育ったら、

 

 

そりゃ、マッカーサー如きとなるのは、

明白・・・

私もバブル期後半、北新地に居たが、

その時、白洲文平が寄付した金額ぐらいを、

 

 

一晩で飲む、しかも何日も続けて、

そういう人を見てきた。

故に、金銭の感覚にかなりのズレが生じた。

事は確かだが、

 

 

それが、幸せか、不幸せか、

それは解らないが、

自分が歩んで来た道のりである事は、

消去出来ないし、

 

 


私は私なのだから、

ただの中高年バーテンダーである。

では、その白洲次郎が愛したウイスキー

ブラックボトルであるが、

 

 

アイラ島の7つの蒸溜所の、

シングルモルトがキーモルトと、

言うのが代名詞なのだが、

時代の流れと共に変革し、

 

 

現在は、ブラックボトル スタンダード、

と、なっている、

私は売り手である。

バーテンダーに過ぎない、

 

 

あーだ、こーだと、

評論するのは、愛好家達、飲み手の

楽しみで、私のすることでは無い、

こう言うウイスキーがあると、

 

 

導きはするが、後は委ねよう、

あくまで、澪標であり、

ロイター板である。

そして、もう一品、

 

 

マッカランから、

セレクトオーク、

f:id:BARin:20180704221823j:plain

 

 

 

これを白洲次郎さんが飲んだら、

こういうかも、

ステアリングが甘いと・・・・

いや、それはトヨタソアラの話だ・・・

 

店先で物損事故があり、店は休業してますが、夜は中に居てますので、覗いて下さい!