黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

九鬼一族 2

海賊大名の異名を取る、

九鬼嘉隆は九鬼家八代目の当主であり、

伊勢は志摩国を支配していたが、

関ヶ原で西軍に加勢、自害するのだが、

 

 

それは、家督を残しすために、

九鬼家は東と西に分かれた為である。

が、その事により、皮肉にも家督争いが起こる。

その事を理由に、いや、便乗し、徳川家光が、

 

 

三田と綾部に移封させるのだが、

これで、海、水軍を失う事になる。

これは家光が、水軍の力を恐れ、

山に封印したのである。

 

 

確かに、鉄を貼り付け、大筒、大鉄砲を装備した。

装甲船を僅か二年で六隻造るのだから、そりぁ恐い・・・

以後240年、九鬼家は三田藩を統治することになるのだが、

動乱の幕末が訪れ、三田藩も奮起し、

 

 

洋式軍隊率いて、官軍方として参戦、

これもかなり早い藩政改革だ。

侍からの洋式軍隊、それを指示したのが、

最後の当主、13代九鬼隆義である。

 

 

しかし時代は、混乱、動乱、

そして幕末から明治維新へと、

変革の中、藩の財政が底をつく・・・

と、廃藩置県により、

 

 

三田藩士が困窮、

その時、ついに三田藩の、

ラスト・サムライが動いた。

名を白洲退蔵と言う、

 

 

行け!退蔵!

当店の場所で戦った。九鬼水軍、九鬼一族、

三田藩の危機を救う為に!

走れ!

     つづく・・・