黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

ここを何処だと・・・2

毎日、毎日、

店の前を掃除するのは、

飲食店として、当たり前の事だが、

先人を敬う意味が強い、

 

 

吸い殻だらけの道路、

この地、この町はゴミ捨て場か・・・

が、実は1576年、

第一次木津川口の戦いの激戦地、

 

 

この頃、まだわが町大正区は無く、

小さな島が点在していただけで、

この後、以前も書いたが、

中村勘助氏により、埋め立てられ、

 

 

大正区の前身が出来る。

その第一次木津川口の戦いの、

大敗に怒る織田信長は、伊勢の九鬼嘉隆に命令し、

まさかの無茶ブリ、焙烙玉に負けない、凄い船を作れと、

 

 

しかし、九鬼嘉隆はそれに応え、まさかの装甲船を造る。

その数、僅か二年で、なんと六隻、これ、本当なのだろうか・・・

縦22メートル、横12メートルの、

当時としては空前絶後の大きさ、

 

 

私も以前、何隻か船を持っていたが、

僅か数メートルの船を、現在の電気工具を駆使して、

毎日、毎日、メンテをして、

綺麗にするだけで、一年以上掛かった。

 

 

信じれないが、ここで、九鬼嘉隆が、

装甲船を造った事を、

覚えていて欲しい、

その装甲船は大筒、大鉄砲を装備、

 

 

鉄を貼り付けた船体は、焙烙玉を弾き返す。

まさに大戦艦、

大阪湾に向かう途中、和歌山を通る時、

雑賀衆が小舟で接近、

 

 

それを引きつけるだけ引きつけ、

大筒で一掃、まさに宇宙戦艦ヤマトの、

波動砲・・・

大阪湾に入ると、

 

 

僅か半日で、毛利水軍を撤退させた。

第二次木津川口の戦い、

九鬼水軍の圧勝、それの激戦地が、

私が毎日、毎日、戦っている当店、

 

 

この地であることを、

ご存知だろうか?

それが、この有様、

もう、道路では無く、ただの灰皿・・・

f:id:BARin:20180623013602j:plain

 

一体、ここを何処だと思っているのだ・・・

九鬼嘉隆の装甲船が毛利水軍に圧勝した地、

三軒の家があったからは、

もう良い・・・

 

 

そして、役所は、

記念碑をこの地に建てれば良いのに、

まあ、そんな事を知っている。

役人等は居らず、役人とて、転勤のある勤め人、

 

 

大正区を愛するか?

利用するか?

ただただ、

それだけの問題である。

 

 

知らなければ、知れば良い、

ただただ、

それだけの話しである。

が、まだまだ

     つづく・・・

第二次木津川口の戦い - Wikipedia