黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

太地のお父さんへ・・・

毎日が、暇、おまけに地震・・・

私は連絡先を聞かない、

名前すら知らない人も沢山居る。

ので、移転した事を、

 

 

知らせる手段が無く、

ほとんどのお客さんが、

行方不明に、

何故、こんな苦労をしてるのか、

 

 

まあ、苦労を楽しむ、

苦労が多ければ多いほど、

少しの事で喜びを感じる事が出来る。

まあ、来られるサイクルの長い方も多い、

 

 

気長に待つしか無い、

そして、一人、来られるのを待っている方が居る。

和歌山は太地から来られる少し年配の、

お父さん、私よりかなり年上だが、

 

 

恐ろしいぐらいお酒に強い、

驚くべき強さだ。

年に一、二度来られるのだが、

兎に角強い、

 

 

そして、私も、

太地方面には土地勘がある。

幼い時、良く行った。

話が弾み、懐かしい・・・

 

 

前回、来られた時、

若い女性が、スマホで大きな音で、

音楽をかけ出し、参った・・・

が、本人達は、何が悪い?

 

 

なので、もう注意する気もない、

注意などすれば、この町では大変な事になり、

結果、何故か私が悪い事になる。

不思議な所なのだ。

 

 

さあ、来られるだろうか、

特に、オールドボトルを、

好んで飲まれるので、

実は、少しだけだが、残しているウイスキーがある。

 

 

ミニチュアボトルで、

ほんの僅かだが、

マッカラン 1964」

ファースト東京オリンピック開催年のビンテージ、

f:id:BARin:20180611031219j:plain

 

 

思いは遠き、くじらの町、

太地に届くだろうか・・・