黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

尻切れトンボの他力本願

一日約3~4時間、

それを一週間、

検索時間約30時間、

ギブアップ・・・

 

まあ、いつもの事なのだが、

結局、決定打が出ない、

それと、やはり戦争だろう、

大阪の港区は焼け野原になっている。

 

 

と、私の仮説は、

粉々になった。

お母様の生まれた年が、

1936年・・・

 

 

全く年代が合わない、

で、詳しくお聞きすると、

購入されたのは、

お母様の父親、

御本人からすれば、祖父に当たる方のようだ。

 

 

f:id:BARin:20180612163211j:plain

 

そして、TM 1935

と、書かれたサインは何を意味するのか?

やはり、1935年なのか?

若しくは、19年3月5日なのか?

 

 

ならば19年はとは、1919年なのか?

いや、昭和19年なのか?

全く解らない、

全く進まない、

 

 

が、今回、色々と調べて、

戦争の他にも、

室戸台風等の自然災害に、

何度も見舞われた。

 

 

大阪、その都度、

立ち上がって来た。

先人達のご苦労に、

改めて頭が下がる。

 

 

まあ、大阪だけでは無いのだが、

こんな時でも、

大阪人は笑顔を絶えさなかったはずだ。

笑いは忘れない、

 

少々、声は大きく、

安い物を買った事を自慢するが、

そこは、ご勘弁を・・・

で、この絵なのだが、

 

 

f:id:BARin:20180607015948j:plain 

 

 

 

一応は、大阪は港区、安治川の河口、

天保山渡し船の乗り合い所では無いか?

と、思う、時は昭和10年頃、

対岸の赤い建物、洋館でレンガ造りだと思う、

 

 

と、その横に火の見櫓のような物が、

この火の見櫓のような物は、

ネットの中で、1935年の画像を見つけたのだが、

周りの景色がかなり違う。

 

 

洋館のようなので、

外国の方では?

と、検索を続けていたら、

こういう方が出て来た。

 

 

エドワード・ハズレット・ハンター

E・H ハンター

日立造船の創業者で、

その前身となる大阪鉄工所を、

 

 

安治川岸に、1881年に設立、

その大阪鉄工所の1935年の画像に、

火の見櫓のような物が確かに写っていた。

が、それならかなり上流という事になる。

 

そして、左側の船なのだが、

かなり変わった形、船の上に監視台のような物が、

この場所が天保山なら、

すぐ近くに水上警察はあるのだが・・・

 

 

そこで広く、情報を求めます。

 

 

何でも良いので、

何か解る方が居られれば、

コメントか、店に一報頂ければ、

幸いです。

 

T氏のお母様の遺品の絵画なので、

何か少しでも、解ればと思い、

ご協力をお願いいたします。

尻切れトンボの他力本願ですが、

 

 

よろしくお願いいたします!

f:id:BARin:20180607015948j:plain

 

ここは一体何処なのだ・・・?

誰か解りませんか?