黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 ブルータス試飲即売会 4

しかし、まあ、凄い物が並んでいる。

f:id:BARin:20180606152724j:plain

 

 

 

 

 

f:id:BARin:20180606152802j:plain

しかも、無料で、しかもウイスキーだけでは無い、

が、いつもの事だが、わが町の同業者は全く見かけない、

それが、非常に残念だ。

やはり、キャリアは関係なく、プロなのだから、

 

 

こういう機会に勉強するのは、

当然だと思う、

声を掛けてくれれば、

いくらでも、引率する。

 

 

そして、他の街の店の方とも、

交流するべきだと、

と、思っているのは、

やはり私だけか・・・

 

それと、来場者が、

女性、女性、女性、

若い方、身なりの良いマダム、

皆、ストレートで楽しんでいる。

 

 

この町では、ストレートで、

と、言うと「火吐くわ!」

と、怒鳴られるが、

一向に誰も火を吐いてくれない・・・

 

 

世間との相当な遅れ、ズレに、

私は危機感があるが、

やはり、この街だけで生息していたら、

そんな事も関係無いだろう、

 

 

まあ、それは置いといて、私は評論家では無い、

大まかな事しか言わない、

何度も言うが、あれこれ言うのは、

お客様の特権だと思っている。

 

 

あくまで、バーマンで、バーテンダーの、

ただの一兵卒である。

さあ、今回の最大の山場へ、

の、前に、

 

 

一本、気になるウイスキーが、

何故、これが気になるかは、

それはお店で説明しよう、

それは、ボウモアのブースに、

f:id:BARin:20180606145025j:plain

 

確かめたい事がある。

で、飲んでみた。

やはり、そのようだ。

かなり似ている。

 

 

何が?

それは、お店で話そう・・・

では、フィナーレの

f:id:BARin:20180606152811j:plain

リンクウッド 37年 1978年

 

現在、10万程の値が付いている。

まあ、この街の人は信じないので、

だが、スマホを持っていれば、解る事なのだが、

良く見て欲しい

f:id:BARin:20180607153101j:plain

リンクウッド37年 1978年

間違い無いですね、

 

 

世の中では、毎日、こういうウイスキーが、

当然のように売られ、買われている。

飲む前に、一度外に出て、嗅覚を戻そうと思ったが、

脚が重い・・・

 

 

仕方ない、ではでは、

ん?あれ?

え?何?

まあ、何万回も言うが、

 

 

お酒は嗜好品、

好き嫌いは、

個人の問題、

だが、リンクウッドらしさが、

 

 

抜け落ちているような、

アルコール数も50,3%と高く、

攻撃的なのは解るが、

その分、メロウが居ない・・・

 

 

近年、映画も昭和のアニメの実写化も多いが、

やはり、往年のファンは、

原作から、あまりにもかけ離れていると、

ガッカリする。幼き日の良き昭和を踏襲した上で、変革して頂きたい、

 

 

あくまで、私の希望なのだが、まあ、あんまり書くと、

評論家になり、上記で言ってる事の筋が通らなくなるので、

まあ、こんな所で、

今回は失礼します。

 

 

で、今回のNO1美女は?

モーレンジのブースで、

テキパキ働く、

彼女でした!

f:id:BARin:20180606152204j:plain

 勝手に撮って、

ごめんなさい・・・

が、やっぱり、私は馬鹿なのか・・・

の、ようだ・・・

 

 

最後に、ブルータスさん、

出展メーカーさん、スタッフの皆様、

そして、ゴミ箱にぶっかって、次は入り口付近で、

水もこぼしていた。ホテルスタッフの可愛い女性、

 

 

皆様、楽しい一時を、

ありがとうございました。

そしてお疲れ様でした。

      END