黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

将軍

先日、来店された。

ルーマニアからの旅行者、

その男性の方が、

将軍に興味があると、

 

 

将軍?

さあ、誰の事を指しているのか?

織田信長豊臣秀吉

徳川家康か?

 

 

サッパリ解らない、

で、悔しいので、

色々と調べてみた。

すると、短い文章が、

 

 

ルーマニア人が感じる日本」

筑波大学ルーマニア人の学生さんのようだが、

時間が無かったので、

プリントアウトして、

 

 

店で読んだ。

f:id:BARin:20180530214443j:plain

そこに、ルーマニアと言えば、

やはりドラキュラ、

そして、そうかコマネチ、

 

 

で、将軍の謎が書かれていた。

こういう事だ。

将軍=人✗

将軍=本◯

 

 

将軍は人では無く、

本の事で、

SHOGUN

これは「ジェームズ・クラベル

 

 

作家であり、脚本家、

映画監督の書かれた日本を題材にした。

小説、日本ではあまり馴染みが無いが、

ルーマニアでは年齢を問わず、

 

 

人気があり、

多くの方が読まれていると、

1980年にはTVドラマ化されている。

内容は「三浦按針」をモデルにしたフックション、

 

 

そして、家康を演じるのが、

三船敏郎」さん

ヒロインが「島田陽子」さん

あれ、これ確か、

 

 

初めは「ジュディ・オング」さんが、

演じる予定だったのでは、

TVで配役を外されたと、

涙ながらに「ジュディ・オング」さんが、

 

 

語っているのを観た記憶がある。

まあ、それは良いのだが、

ジェームズ・クラベル」だが、

脚本では、

 

 

「ハエ男の恐怖」

大脱走

いつも心に太陽を

と、名作揃い、

 

 

いつか時間があれば、

読んでみよう、

なので、一応将軍とは、

徳川家康のようだ。

 

将軍〈上巻〉 (1980年)

将軍〈上巻〉 (1980年)

 

 

 

将軍〈中巻〉 (1980年)

将軍〈中巻〉 (1980年)

 

 

 

将軍〈下巻〉 (1980年)

将軍〈下巻〉 (1980年)

 

 筑波大学ルーマニアの学生さん、

大変面白い文章なので、

興味があればどうぞ!

ミハエラさんありがとう、謎が解けました。↓

https://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/education/benron/pdf/49/5.pdf