黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

夕焼けエッセー 65年目の断捨離

夜も静まり、そろそろ帰り支度を、

と、考えていると、

ふらっと入ってきたのは、

私の従兄弟、

 

 

お笑い王国、吉本の社員となり、

もう、20年になる。

早いものだと、綺麗な夕焼けを見た。

哀愁のような感情に浸った。

 

 

が、何故か泥酔・・・

一生懸命、何かを伝えようと、

産経新聞、断捨離、断捨離、

何のことだ?

 

 

産経新聞には、ジャーナリストの、

君の兄がいるでは無いか、

兄はジャーナリスト、

弟はお笑い王国、

 

 

実に優秀な兄弟だが、

実は、父の妹、弟には、

凄い方がまだまだ居るのだが、

まあ、自慢になるので止めよう、

 

 

それより、従兄弟は飲み過ぎだ・・・

ふらついた足取りで帰っていった。

次の日、彼の残した言葉を、

キーワードに、検索をした。

 

 

そこには、産経新聞に、

夕焼けエッセーと言う欄があるのだが、

「65年目の断捨離」という名の投稿が、

掲載されていた。

 

 

投稿者の名は、

紛れもない、父の妹であり、私の叔母だ。

短い文章だが、

80歳も半ばで、この文章能力、

 

 

凄い・・・

まあ、何と読みやすい、

と、同時に幼き日、

クリスマスになれば、

 

 

絵の書いた大きな、

チョコレートを、

毎年送って下さった。

今でも覚えている。

 

 

トナカイとサンタクロース、

雪だるまとサンタクロース、

しかし、よく考えれば、

昭和40年代、

 

 

あんなに素敵なチョコレート、

一体どこで売っていたのだろうか?

わが町には無かった・・・

と、又、綺麗な夕焼けを見たような、

 

 

哀愁がこみ上げて来た。

が、歳を取り、

疎遠になってしまったが、

私が生きて来られた要因に、

 

 

この叔母の大きな力があった事は、

確かで、それもこれも、

歳を重ねないと、

気付かない、私の愚かさである。

 

 

何事にも感謝する。

頭を垂れる。

改めて教わりました。

ありがとうございます。

 

 

そして、お元気そうでなりよりです。

        坂本雅央

www.sankei.com