黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 経年変化

まあ、時代の流れだから、

仕方が無いのだが、

最近、熟成と言う言葉を、

多々、目にする。

 

 

シングルモルトウイスキーに限らずだが、

特にシングルモルトは、

開封直後から、

徐々に変化を始める。

 

 

それを「経年変化」と言っていたのだが、

最近では「熟成」「瓶内熟成」と、

言葉が変わりつつあるが、

熟成?

 

 

熟成なのだろうか?

熟成と言うと、

意味合いが変わるような気がする。

私も長年、熟成では無く、

 

 

あくまで、経年変化と表現してきたので、

完全に嘘つきになってしまった。

が、私的にはやはり、

今でも、経年変化と表現している。

 

 

まあ、熟成と言うなら、

熟成なのだろうが、

ウイスキーは開封直後には、

個性が強い、

 

 

特に、限定品や、

長期熟成ボトルや、

終売品のオールドボトルは、

強烈な個性を発するが、

 

 

徐々に落ち着き、

トゲや雑味が抜け、

まろやかになる。

逆に、経年変化により、

 

 

酸化し、劣化する物もある。

過去、バーボンやブランデー等で数本、

経験し、廃棄した事があるが、

そして、この経年変化だが、

 

 

これも、何万回も言うが、

やはり、結局は嗜好品、

トゲトゲした強い個性が好きな人、

まろやかな、大人しい物が好きな人、

 

 

やはり、人それぞれで、

点数の付けようも無い、

そして、書いてしまったら、

なのだが、どの時点であなたが飲んだのか?

 

 

開封直後なのか、

開封、一年後なのか、

二年後なのか・・・

それによって、かなり表情が変わる物が、

 

 

多々ある事は確かで、

私達の強みは、

開封直後を全て飲んでいる。

故に変化も知っている。

 

 

まあ、その経験上、人生でその変化が、

驚くほど出たのは、

数本あるが、

まあ、何と言っても、

 

 

ブラックボウモアだ。

二週間で、全く別の飲み物に変わった。

で、その経年変化を、

調べ、感じる為に、

 

 

たまに、少し飲んでいるのが、

これだ。

「カリラ 18年」

パラフィルムは巻いているが、

 

 

開封、一年が経過し、

今、正に経年変化による。

まろやかさが出ている。

飲み頃サインである。

f:id:BARin:20180528221035j:plain

 

 

今夜と、明日は30ml(シングル)で、

スペシャルプライスでご提供します。

今夜辺り如何ですか?