黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

解雇・・・

解雇か・・・

メンバー・・・

まあ、その事に対して、

私がどうこう言う事は無い、

 

 

関係者でも、

ましてや当事者でも無い、

しかし、妙にその関係のニュースが流れると、

見てしまう・・・

 

 

何故なら、そうあれは20数年前、

私が33歳ぐらいだったか、

ミナミにBARを出して、

二年目ぐらいだった。

 

 

ヤケに背の高い若い人が、

夜なのにサングラスを掛けている。

な、何だ・・・なんか恐い・・・

が、妙に礼儀正しい、

 

きっちり立って、

こう言った。

「すいません、私達は、

顔を指しますので、奥に言って良いですか?」

 

 

と、ん?

何?何だ?何事だ?

まあ、ハイ、どうぞ・・・

その後、二人、

 

 

その後ろにキラキラした目の、

少しガッチリした好青年が、

頭を下げて入って来た

で、4人で、芸能界の話で盛り上がっていた。

 

 

背の高い、サングラスの男性は、

タラモア・デュー」をロックで!

と、言った。ん?若いのに、

アイリッシュウイスキーを飲むのか?

 

 

キラキラした目の青年は、

ソルティ・ドッグ」と、

そして、数日後、

その二人をTVで見た。

 

 

ヴォーカルと、ベース、

で、アイドルだったのか・・・

デビュー仕立てだったのと、

まあ、私が興味だあるのも、変な話しなので、

 

 

が、背の高い方は、

どっかで見たような、

それも、後から解ったが、

あのドラマだ・・・

 

 

田舎者のオッサンは、

全く気付かなかった・・・

キラキラした目の好青年が、

頼んだカクテル、

 

 

ソルティ・ドッグ

奇しくも、このカクテルと、

同じような意味合いになってしまった。

が、一度でも、店に来てくれた事により、

 

 

今度の動向が、妙に気に掛かる・・・