黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

TC テーブルチャージ

凄い事になっている。

駅の周辺なのだが、

特に朝、

外国人、外国人、外国人・・・

 

 

私も、昼間作業していたので、

団体で歩く外国人を何度も見た。

ゲストハウスが、この街にも出来て、

又、その数も増えて来た。

 

 

さあ、こうなると、

この街で飲んでいるのは、

この街の人とは限らない、

当店にも、次々と、

 

 

海外の方が、

どことも限らない、

フランス、ベルギー、ノルウェー

チェコ、カナダ、イギリス、

 

 

アメリカは勿論、

スウェーデンの方も、

その中でオーストラリアの方が、

何か言いたげな、

 

 

何だろう?

と、聞くと、

カクテルが出来るのか?

オフコース

 

何を頼むのか、

ん?え、それ?

カクテルとしては、

メジャーで、良く出る類なのだが、

 

 

作って出すと、

ん?え・・・

めっちゃ驚いている。

マジか・・・

 

 

スマホで撮って良いか?

と、言うので、

オフコース

めっちゃ撮っている。

 

 

何故か、興奮している。

????

じゃあ、次は・・・

ん?え、それ?

 

面白いから、大げさに作ってあげた。

拍手された・・・

マジか・・・

それぐらいは、BARなら、バーテンダーなら、

 

 

作れて当然なのだが、

それから、暫くして、

来る、来る、来る、

海外の方が、

 

 

な、何だ?

その中の一人の男性が、

スマホを見せてくれた。

ん?私の店だ。

 

 

海外のサイトに載っている。

しかも、エクセレンツと書かれている。

過大評価だ・・・

しかし、数年前まで、

 

 

海外の方に、

TC テーブルチャージを説明するのに、

苦労したが、

どうも、日本のBARの注意点のような事が、

 

 

書かれているようだ。

そこに、TCの事も、

キャッシュオンでは無い事も、

書かれているようだ。

 

 

日本のBARでも、キャッシュオンの店も、

あるのだが、

まあ、大多数が伝票で、

最後に合計する。

 

 

この、TC テーブルチャージは、

日本の特有のシステムだが、

BARの生命線でもある。

町家では、300~500円、

 

 

ホテルなら、1000円、

北新地なら1500円、

まあ、値段はマチマチ、一概には言えない、

これを、BARやウイスキーの事を書かれている。

 

 

ある作家さんが、

天下の悪法のように、

本に書かれていたが、

ん?海外なら、チップがあるのだが、

 

 

それは、悪法では無いのか?

そう、TC=チップのようになっているようだ。

そして、このTCが発生する事により、

それが、勿体無いと思う人は来なくなる。

 

 

安く、安く、と、言う方は、

そういう店が沢山ある。

しかし、逆に海外の方が、

やりやすい、で、マナーも大変良い、

 

 

この前も・・・

     つづく・・・