黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

レオナール フジタ

藤田嗣治」紛れも無く、

日本を代表する画家であり、

あのピカソさえも、

天才と評した。

 

 

フランスでの人気は絶大である。

そのフランスに帰化後の洗礼名が、

「レオナール フジタ」である。

作品を見れば、すぐに解るのだが、

 

 

現在のアニメーター達に多大な影響を与えているのは、

一目瞭然、いや、しかし本物の迫力は、

凄まじいエネルギーを放ち、

時間の経過を感じさせない、

 

 

新鮮さがある。

嬉しくなり、ホストカードを、

沢山買って来た。

「二羽の雉」が無いのが、残念だ。

 

 

作品の中盤辺りにあった。

「二羽の雉」と言う作品だが、

それを見ていると、目の焦点があった。

美術館で、絵を見に行くと、

 

 

この焦点が合わない限り、

何の事だか、サッパリ解らない、

が、その焦点が合うと、

その目で、他の方が書かれた絵を見ると、

 

 

軽い目眩が起きる。

今回も、ふらっとなった。

で、買って来たポストカードの中の一枚だが、

 

f:id:BARin:20180504010304j:plain

後ろと真ん中、

と、手前と、

三枚の絵が重なったように見える事で、

3Dのような、立体感がある。

 

 

いや、もう一つ後ろに絵があるのか?

う~ん、是非、実物をご覧頂きたい、

 

www.hotelmonterey.co.jp