黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

大河ドラマ ごわす

「西郷でごわす」

ごわすは、ございます。

なのだが、これは昔の方言で、

今は使わないそうだ。

 

 

まあ、当たり前だが、

「ごわす」と、言った人に会った事が無い、

そして、又、幕末の大河ドラマ

誰が主演なのか?

 

 

と、思うぐらいに、

渡辺謙さんの、

圧倒的存在感、

映画「ラストサムライ」と重なってしまう、

 

 

いや、重ねているのか・・・

そして、待望の人物が現れた。

幕末の奇跡、

「ジョン万次郎」

 

この人こそが、

事実は小説より奇なり、

で、あり、もっと取り上げられるべきでは無いのか、

しかし、信じれない、

 

 

鎖国の国から、

漂流し、海外の技術を学び、

戦々恐々とした幕末の、

ベストタイムに帰国、

 

 

本当の話しなのか?

私自身幕末の功労者を挙げるとしたら、

欠かせない人物である。

出会いは「井伏鱒二」氏の、

 

 

「ジョン万次郎漂流記」だった。

そして、これから、

目まぐるしいほどの活躍もする。

特に通訳として、

 

 

しかし、偶然の漂流とは言え、

日本が送り込んだスパイとも、

言えるだろう、

が、当時の日本は、

 

 

万次郎の目には、

どう見えただろう、

大国を目の当たりにし、

帰って来た島国、

 

 

こうすれば良い、

と、思うことは多々あっても、

変革させるのは、難しい、

それは、そうだ他は誰も見ていないのだから、

 

 

信じないだろう、

それは、私には痛いほど解る。

世の中、この日本だけでも、

凄い数のお酒を揃えているBAR等、

 

 

山ほどあるのだが、

この町から出ない限り、

行くことも、見ることも無い、

そして、信用出来ない、

 

 

まあ、それも、これも、

興味が無い限り、

始まらない話しで、

ごわす・・・

 

 

 

 

ジョン万次郎漂流記 (偕成社文庫)

ジョン万次郎漂流記 (偕成社文庫)