黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

72年目の終戦記念日

72年目の終戦記念日を迎える。

この72年前の終戦記念日が、

記憶にある方も、

少なくなっただろうが、

 

 

風化させず、ましてや、

美化せず・・・

父は戦地でこの日を迎えたと言う、

「またも負けたか八連隊・・・」

 

 

の、俗謡で有名な、

「大阪第八連隊 第三機関銃隊」

東京都知事石原慎太郎」氏にも、

弱かったと笑われた部隊である。

 

 

様々な要因が折り重なり、

そう言われるようになったようだが、

この事で物議を醸し出す。

まずは大阪人、商人気質、

 

「伊藤圭一」氏は、

部隊にも県民性があったと、

確実に負けると言う戦いは避け、

勝てる見込みが出たら、反撃する。

 

 

何が何でも玉砕と言う考えは無かったかも、

しれないと、やむを得なく玉砕はあったとしても、

と、意見を述べている。

又「大阪と八連隊-大阪師団抄史」

1985年に書かれた。

 

「中野公策」氏は、

その本のあとがきに、

こう記されたと、

 

 

心ない人々によって、

根も葉もない俗謡の濡れ衣を被せられたまま、

国難に殉じられた歩八出身者及び、

俗謡のため迷惑を蒙っておられる

大阪出身諸部隊と大阪人の冤罪は、

誰に訴えたらその潔白を認めてくれるのでしょうか。

純真素朴な気持で同胞の身代わりとなって

死んでゆかれた幾万の人々のお気持ちを察するとき、

万感胸に迫り堪え切れぬものがあって、

この書を書き残しました」