黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

ドラマ 東京裁判を観て・・・

海外の判事側からの視点、

NHKドラマ「東京裁判

次は日本側弁護団からの、

作品が観たい、

 

 

いきなり先制ジャブを入れた。

清瀬一郎」氏や、

冒頭いきなりアメリカの原爆投下問題を、

取り上げた「ベン・ブルース・ブレークニー」氏、

 

 

これは圧巻だったが、

私ごとき無知なる人間には、

これも全て筋書では無いのか?

そう思っていたが、

 

 

そうでも無いようだ。

氏はその後東京で弁護士事務所を開設している。

日本が好きだったのか、

若しくは、母国に帰りづらかったのか、

 

 

その辺はよく解らないが、

亡くなった場所は伊豆半島

天城山の山腹、

セスナ機の事故のようだ。

 

 

私が生まれる数か月前、

他にも「ジュージ山岡」氏、

場所は違い、証人としてだが、

石原莞爾」氏、

 

 

病気だから、話を聞きたければ、

そちらが来いと言い、

秋田県酒田市に出張法廷を特設させた。

この時、石原はリアカーで運ばれたのだが、

 

 

そのリアカーを引き、

石原を運んだのは、

あの「大山倍達」氏だと記述がある。

2年半に及ぶ裁判、

 

 

記録も膨大、

しかし「ベン・ブルース・ブレークニー」氏の

言葉が心に残る・・・

ウィキペディアより

キッド提督の死が真珠湾攻撃による殺人罪になるならば、我々は、広島に原爆を投下したの名を挙げることができる。投下を計画した参謀長の名も承知している。その国の元首の名前も承知している。彼らは、殺人罪を意識していたか?してはいまい。我々もそう思う。それは彼らの戦闘行為が正義で、敵の行為が不正義だからではなく、戦争自体が犯罪ではないからである。何の罪科でいかなる証拠で戦争による殺人が違法なのか。原爆を投下した者がいる。この投下を計画し、その実行を命じ、これを黙認したものがいる。その者達が裁いているのだ。彼らも殺人者ではないか