黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

ドラマ東京裁判

8年の月日を掛けて製作された。

オランダ、カナダ、オーストラリア、

そして日本の合作、

NHKドラマ「東京裁判

 

 

2016年に放送され、

再放送されていたが、

何かと忙しく、観れなかった。

ので、店に持ち込んだノートPCで、

 

 

暇な時、少しづつ観たが、

真剣になってしまい、

何度も観てしまった。

長編ドキュメンタリー映画東京裁判

 

 

津川雅彦氏主演の、

プライド・運命の瞬間

色々と観てきたが、

外国の検事側からの視点は実に興味深い、

 

 

オランダの判事「ベルト・レーリンク」を、

キーマンに進むのだが、

この方の日本人の友人が、

登場する。

 

 

名を「武山道雄」

ビルマの竪琴」の作者である。

しかも演じるは「塚本晋也

近年「大岡昇平」の「野火」を、

 

 

映画化した監督でもある。

大岡昇平」氏と言えば、

明日への遺言」主演藤田まこと氏、

これはB級戦犯の横浜法廷の話なのだが、

 

 

原作は「大岡昇平」氏の、

「ながい旅」である。

まあ、又話が長くなりそうなので、

最後に、海外から集められた判事達、

 

 

その数11名、

観終わった後に浮かんだのが、

「12人の怒れる男」と言う映画、

一人多いが、実はそこに何か意味が、

 

 

無いか・・・