黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

松島 八千代座

故「松下幸之助」氏の、

生涯が書かれた記述を読んでいたら、

流石に大阪の実業家だけあって、

良く知る地名が出て来る。

 

 

中でも、店の近くの「幸町」や、

ドームの反対側にある。

西区「松島」

その「松島」に以前あった。

 

 

「八千代座」の前で、

氏は見合いをするとあるのだが、

「八千代座」?

確かに昔はこの辺りは、

 

 

かなりの繁華街であった事は、

少し前にかなり調べたのだが、

「八千代座」?なんだろう?

と、カチカチとキーボードを叩く、

 

 

数分後、ええっー!・・・

と、なった。

芝居小屋なのだが、

この「八千代座」と名乗る前なのだが、

 

 

なんと「文楽座」

「松島文楽座」なのだ。

どうも、ライバルが現れ、

移転したようだが、

 

 

その辺りの詳しい記述が無い、

その後は明治17年に、

「御霊神社」の境内に移しとあるが、

大正15年に出火・・・

 

 

「御霊神社」ごと燃えている・・・

その後もこの「文楽座」

艱難辛苦の道を突き進む事になる。

今の日本橋の「国立文楽劇場」になるまでに、

 

 

幾度となく移転を繰り返している。

そう考えると、

数年前、色々とTVで問題視されていた。

国立文楽劇場」だが、

 

 

よくぞ頑張った。

と、しか言いようが無い、

しかし、先人達の、

この「諦めない心」には、

 

 

頭が下がる。

私も頑張らねばと・・・

 

 

広告を非表示にする