黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

ヤクザと憲法

よく来られる映画のお好きな方から、

勧められて観たのだが、

「ヤクザと憲法

ドキュメンタリーなのだが、

 

 

実に生々しく描かれ、

視点が湖底から、

水面を見るような印象を受けた。

実に考えさせられる部分が多い、

 

 

しかも、近い・・・

実在する暴力団に、

密着するのだが、

隣町の西成区

 

 

あまり言うのは、

無粋なので、止めておくが、

印象深いのは、

「ヤクザ」と呼ばれる方達の服装なのだが、

 

 

数年前から、

一般人と区別がつかない、

なかなかのイケメンの会長さんだが、

肩にショルダーバックを下げて、

 

 

食堂で、

溶け込み、ビールを飲んでいたが、

逆の意味でそこに少し恐怖めいたものを、

感じたが、

 

 

その食堂の女将さんの言葉が、

この作品の神髄のように思えた。

全く同意見だった。

それは立ち位置と、

 

 

立場上の話なのだが、

そこには「暴力団」ではなく、

「任侠」を感じた。

思わず、頷いていた。

 

 

機会があれば是非お勧めしたい、

映画『ヤクザと憲法』公式サイト

 

広告を非表示にする