黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

律儀な・・・2

閉店時に現れた。

外国人のカップル、

遅かったので、お断りしたのだが、

申し訳ないので、

 

 

安物の紙のコースターを差し上げた。

すると、次の日のオープン直後に、

律儀に来られた。

いや、驚いた。

 

 

しかし、英語がどうも通じない、

ん?うーん、まさか?

イングリッシュ ノー!

やっぱり、フランスの方だ。

 

 

この前来られた一人の女性も、

フランスの方だったが、

当店のバックバーの上に、

モンサンミッシェル」の写真がある。

 

 

もしや、これで?

な、わけ無いか・・・

で、スマホの出番、

お互いに交互に、スマホをかざし、

 

 

会話が始まった。

便利な時代だ。

しかし、何を飲みますか?

と、言うと、

 

 

スマホに「酒」と書いていた。

ええっー、日本酒?

無いよ・・・

まあ、何とか説明し、

 

 

理解して頂いたが、

逆にこういうケースもあるのか、

なかなか大変だ。

男性の方は、日本のウイスキーと言われたが、

 

 

その日本のウイスキーが最近は、

高い・・・

サービス価格のサントリー

「白州」45ml¥800-

 

 

これを勧めたが、

満足して頂いたか?

その男性の方が、

スマホを覗き込んで、

 

 

片言で、こう言われた。

「あなたの、バーは、とてもキレイですね」と、

嬉しい言葉だが、

最近、掃除をサボっている。

 

 

ちゃんとやらないと・・・

と、思った夜だった・・・