黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

おちゃさん

店が終わり、

野良猫の「シャー」が、

居ないかと、外に出ると、

小柄な青年が、ギターを背負って、

 

 

トボトボ歩いていた。

「おい!」と、声を掛けた。

「そのギターはエレキか?」

青年はこちらに歩いて来て、

 

 

答えた「アコギです」と、

かなり若い、

「コピーしてるのか?」

「オリジナルも作ってます」

 

 

と、立ち話、

すると青年が、

「BARですか?」

と、店の中を覗きこんだ。

 

 

「BARが好きで、

良く行くんです」

なら、と、中に入れた。

が、こういう若い人が言うBARは、

 

 

居酒屋の延長のような店が多く、

当店のウイスキーの値段に、

硬直してしまう事が多い、

大丈夫か・・・

 

 

すると「モヒート」出来ますか?

ん?カクテルを知っているのか?

まあ、BARでは当たり前なのだが、

しかし、最近は出来合いのモヒートを出す。

 

 

居酒屋やBARも多い、

当店のは、キューバ産の、

ハーブを使うと説明した。

「そうなんですか」

 

 

と、理解したようだ。

「ミナミの◯◯というBARを、

ご存知ですか?」

ん?確かその店は、

 

 

「ああ、ミクソロジーカクテルの

店だね」

「行った事は無いが、お客さんに、

何度か聞いた事はあるよ」と、

 

 

この子は、この町の子では無い、

この町の若い人は、

BARと言っても、

この町の店しか出て来ない、

 

 

聞くと、ミナミでアルバイトしていると、

やっぱり・・・

若いのに色んな店を知っているはずだ。

と、話が弾んだ。

 

 

で、弾き語りをしていると、

言うので、カクテルを飲み終えて、

店を移動し「HITOHIRA」へ、

 「名前は?」と聞くと、

 

 

「おちゃさん」ですと・・・

f:id:BARin:20170520103554p:plain

          つづく・・・

↓読んだらクリックご協力お願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村