黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

毎晩、毎晩、相変わらず・・・

疲れた・・・

店は暇なので、体力的には、

疲れないが、

精神的にはボロボロ・・・

 

 

相変わらず、

「お勧めを!」

「・・・・」

初めて来て、

 

 

「お勧め!」

と、言われても、

サッパリ解らない、

で、説明するが、

 

 

結局、不機嫌になるか、

怒り出すか、

どうもこの「お勧め!」

と、言うのが居酒屋さん等で、

 

 

流行っているようで、

こう言うと、

如何にも通のように思われると、

本人は思っているようだが、

 

 

BARでは無理・・・

それよりも、

「初心者です」「解りません」

と、言ってくれた方が助かるのだが、

 

 

下らない見栄を張るので、

ややこしくなる。

お酒はアルコール、

お味噌汁を飲んで、

 

 

倒れる人は居ないだろが、

一杯のお酒で倒れる人は居る。

人それぞれに、お酒の強さが違う、

何故、それが解らないのか、

 

 

その方が不思議なのだが、

そして、居酒屋さんなら、

メニューの多い店でも、

100種類ぐらいか、

 

 

BARならウイスキーだけでも、

数百種類、中には数千種類と言う店もある。

そして、カクテルも数百種類、

何故、そんな数になるのか?

 

 

それは、一人、一人、好みが違うからだ。

お酒の強い人に出す。お勧めと、

ウイスキーを初めて飲む人に出す。

お勧めは違う、何故解らないのか?

 

 

そう言うと、今度は、

年配の方が「何やと!俺は今までどれだけ・・・」

と、なる。面倒くさい・・・

同じお酒を、今まで何ガロン飲んで来ても、

 

 

今は膨大に種類も増え、

その味わいも、多種多様している。

もう、20年前の数少ない時代では無い、

そして、すぐにアルコール度数の事を言うが、

 

 

ウイスキーは、その銘柄が持つ個性で、

飲みやすい、飲みづらいと、なる。

鮭の塩焼きと、鮒ずし、

同じく魚料理だが、鮒ずしを好んで食べる方は、

 

 

圧倒的に少ないはず。

その人の好みに少しでも合わせ、

たった一杯のカクテルでも、

美味しく飲んで頂きたい、

 

 

そう思い、一生懸命聞いているのだが、

そして、飲み放題で、

飲み切れないぐらい飲んで来た後か、

まだ、今日は一滴も飲んで無いか、

 

 

勧める物は違うと思うのだが、

いや、当然の話しなのだが・・・

初めて来た人では解らない、

何年も通われている常連氏なら、

 

 

傾向と対策は解るのだが、

と、注文を取るまでに、

10分以上掛かる。

まあ、この下町でBARをした私の責任なので、

 

 

腐らず、毎晩、説明しているが、

どんな名医でも、

何も説明せず「治して下さい!」

と、いきなり言われても、

 

 

「十二指腸潰瘍ですね、この薬を」

と、ならん・・・

その夜も「お勧め、お勧め」と言う男性に、

これぐらいは説明したのだが、

 

 

「じゃあ、解った。では、マスターの一番の

 

 

お勧めを!」

 

 

お後がよろしいようで・・・

チャカ、チャンリン、チャンリン・・・

 

 

落語かい!!

↓読んだらクリックご協力お願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村