黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 グレンリベット

先日紹介した。

「トミントール

私が初めて飲んだシングルモルトウイスキー

なのだが、

 

 

ラベルにグレンリベットと表記がある。

f:id:BARin:20170302203209j:plain

 

トミントール グレンリベット

これは、1870年に遡る。

政府登録の第一号蒸溜所が、

「グレンリベット」

 

 

その名声は高く、

それにあやかろうと、

なんと、18もの蒸溜所が、

「グレンリベット」と名乗りだした。

 

 

いつの時代も同じで、

偽物、まがい物の類は、

後を絶たない、

そこで1880年に訴訟を起こし、

 

 

その4年後に、勝訴し、

単独で「グレンリベット」と名乗れるのは、

他と区別するために、

定冠詞を付けた。

 

 

「THE グレンリベット」だけとなった。

f:id:BARin:20170306193551j:plain

故に「~グレンリベット」と言うのは、

構わないと言うことで、

「トミントール」も、当時は、

まだまだ新参者の蒸溜所、

 

 

名声にあやかろうとしたのだろう、

そして、一際目を引く、

奇抜なボトルも、

販売戦略、

 

 

私もそれで買ったのだから、

何も言えない・・・

少し飲んでみたが、

やはり、これだけの数のシングルモルトを、

 

 

飲んできた今となっては、

ライトな軽いウイスキーである。

まあ、当時の慣例に従って、

水割りにしたのが間違いだったのだろう、

 

 

しかし、あの日の煙臭い印象は、

今でも残っている。

ライトなウイスキー

「トミントール グレンリベット」

 

飲みに来ませんか?

f:id:BARin:20170302203209j:plain

 

 ↓読んだらクリックご協力お願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村