読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 あの日のウイスキー・・・

あれは、30年近く前、

時はバブル真っ盛り、

世の中が狂喜乱舞していた。

私は26歳ぐらいだった。

 

 

海外旅行に行った。

今でもあの青い空を覚えている。

と、ホテルの前に広がる。

澄んだ海、グアム島だった。

 

 

色々と観光をし、

帰国する時に、免税店で、

一本のウイスキーが目に入った。

当時、日本では「ワイルドターキー」や、

 

 

「IWハーパー」「ジャックダニエル

などなどの、バーボンが、

世を席巻していた。

と、同時に高級ブランデーの水割りや、

 

 

コーラ割りで、

ヘネシー」や「カミュウ」等も、

飛ぶように売れていた。

まあ、滅茶苦茶な飲み方だった。

 

 

が、その免税店で見たウイスキーは、

見たことも無く、

何とも不思議なボトルだった。

情報も少ない時代、

 

 

何だろう?

しかも、完全にお土産品のような、

ケースに入っている。

興味本位で買って帰った。

 

 

父親へのお土産にしようと、

実家の父親に渡し、

時は流れたある日、

実家に行くと、

 

そのウイスキーが、

殆ど飲まれていなかった。

あれだけ、酒好きの父親なのに・・・

 

 

少し、グラスに入れ、

水で割って、飲んでみた。

け、煙臭い・・・

飲みづらい・・・

 

 

な、何だこれは・・・

     つづく・・・

↓読んだらクリックご協力お願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村