読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

96歳・・・ 2

96歳、現役バーテンダー

だった・・・

と、書いたが、

そう、昨年の11月にお亡くなりになられた。

 

芸術系の学校に行かれ、

絵画もお書きになり、

切り絵の名人、

大戦中は衛生兵として活躍、

 

 

昭和35年、銀行から融資まで受け、

渡欧、単身IBA(国際バーテンダー協会)の

会議に乗り込んだ。

正に侍バーテンダー

 

 

その氏の書かれた一冊の本から、

私は色んな事を学んだ。

氏は、カクテルの技術や、

知識、教養は勿論だが、

 

 

型にはまらないバーテンダーと言う事を書かれている。

ご自身が、切り絵をされる事も、

バーテンダーは、

エンターテイメント性も大事である。

 

 

と、私はその本から読み取った。

その頃から、

私も店にギターを置くようになった。

その事で故「桑名正博」氏もよく来られ、

 

 

音楽を通じてのお客さんも増えた。

が、それに偏ってはいけない、

酒の知識、カクテルの技術があってこそである。

しかし、幾ら努力し、考え、改良したカクテルでも、

 

 

その人に、合うかどうかの問題である。

こういう、一節がある。

f:id:BARin:20170217202207j:plain

 

カクテルをお出ししたら、

美味しさのあまりお客さんが泣き出したと、

が、氏は書かれている。

「誰にでも合うというものではありません」と、

 

 

私も、常に何千回、何万回と言って来た。

「美味しい物くれ!」

「お任せ!」

は、無理だと、

 

 

いきなり、そう言われても出しようが無い、

海岸で落としたコンタクトレンズを、

探すような物だ。

いや病院に行っていきなり、

 

 

「治してくれ!」

と、言っているのと同じ、

まずは、カクテルを飲みたいのか、

ウイスキーを飲みたいのか、

 

 

日頃は何を飲んでるのか、

カクテルなら、ロングかショートか、

フルーツ系か、ソーダーか、

沢山聞けば、聞くほど、

 

 

外す確率も少なくなる。

外して貰いたくないから、

一生懸命聞いているのに、

大阪人のせっかちな癖が邪魔をする。

 

 

氏はこう続けている。

「たまたまその方の好みに

合っていたのです」

が、たまたまだろうか?

 

 

百戦錬磨の凄腕バーテンダーの、

なせる業だったと、

私は思う、そしてキャリア、

店の雰囲気、

 

 

全ても物が、

その一杯を最上の物に、

押し上げたのだろう、

が、このたまたまと言われる。

 

 

謙虚さが大事だと言う事だ。

多くの事に気づかせて貰い、

多くの物を学んだ。

「ミスターバーテンダー

 

 

「山崎達郎」さん、

お疲れさまでした。

そして、心から、

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

駆け出しバーテンダーより・・・

f:id:BARin:20170217204849j:plain

www.asahi.com

 

 

すすきのバーテンダー物語

すすきのバーテンダー物語

 

 

 

BARやまざき

BARやまざき

 

 ↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村