黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

96歳・・・

アラン蒸留所の創業者、

「ハル」こと「ハロルド・カリー」氏は、

昨年91歳で「アラン18年」を見送り、

この世を去った。

 

 

しかし、日本には96歳の、

現役バーテンダーが居る。

96歳・・・

もう、この記録を抜くことは、

 

 

かなり難しいだろう、

まず、96歳まで生きる事、

生きたとしても、カウンターに立てるか、

私には無理だ・・・

 

 

話しは10数年前に遡る。

ある夜だった。

細かいやり取りは忘れたが、

女性のお客さんに、

 

 

こう言われた。

「あなたと違って、あの店のマスターは、

NBAの〇〇よ!」

と・・・

 

 

NBA 日本バーテンダー協会なのだが、

私は所属した事が無い、

組織に馴染めず、この仕事を選んだのに、

なのに組織に入るのが矛盾しているように思ったからだ。

 

 

しかし、確かにその店のマスターより、

私は劣っていたかも知れないが、

それにNBAかそうで無いかは関係無いが、

仕方なく「はあ~すいません」と答えたが、

 

 

凄い剣幕だった。

この下町の片隅の高架下、

繁華街のBARとは、

見劣りする事は確かだが、

 

 

そんな事を言う人は、

それまでの人なのだろう、

と、自分に言い聞かせた。

そんな時だった。

 

 

一冊の本を読んだ。

そこには、こう書かれていた。

f:id:BARin:20170217202429j:plain

 

 正にそうだ。

技術、知識、教養は個人の努力の問題である。

この一節が、私を奮い立たせてくれた事は、

今、思えば間違いない、

 

 

その本とは、

「すすきのバーテンダー物語」

著者は「山崎達郎」氏、

96歳の現役バーテンダーだった・・・

f:id:BARin:20170217195505j:plain

 

 

すすきのバーテンダー物語

すすきのバーテンダー物語

 

 

 

↓ 読んだらクリックお願いします!

 にほんブログ村 酒ブログ バーへ

にほんブログ村